FC2ブログ

Rosa†Antica(ロサ・アンティカ) - アンティーク・レトロ雑貨店店主、女優、人形作家、由良瓏砂のブログ

10« 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »12
11

10

22:41
Sat
2018

No.0204

クトゥルフフェス 2018 レポート

11/4(日)、池袋にて開催された「クトゥルフフェス2018」。
8月に豚蛇さん経由でお誘い頂き、まあやるなら豚蛇さん作の妖神乱舞朗読だろう、とそれはあっさり決まったのですが、持ち時間1時間近くと聞いて、さてどうしよう、と考えました。
以前《哲学者の薔薇園》で開催した、クトゥルフミステリーゲームなども面白いかな、と考えたのですが(こちら参照)、10月喫茶茶会記でのハロウィンイベントで長南さんが執り行った「サウィンの儀式」に影響され、これをやろう、と思ったのは以前にも書いた通りです。
今まで魔術や錬金術、神秘主義等をモチーフとした演目は何度となく上演してきたものの、儀式そのものは人目に触れない場所で行なうもの、という先入観があったのですが、長南さんが「西洋魔術は人前でやることを前提としている」と仰るのを聞き、目から鱗が落ちました。
あまり世に知られていない素晴らしいものを紹介する、という私の基本理念とも合致していると思ったのです。

儀式の次第は長南さん作成のフォーマットを元に、黄金の曙団で使用されているものや魔女術の書籍などを参考に作成。
道具は自分で作成したものや、今までイタリアや魔術専門店、ハーブ専門店、教会の売店等で購入したものでほぼ間に合いました。
新たに購入したものはお香を炊く為のチャコールくらいでしょうか。
当日の朝、1階のカフェ・iitokiでの物販準備は担当の方にお任せし、PAと照明のリハーサル時にテーブルの確保、方角の確認と道具のセッティングを試して準備完了。

10時開場予定のところ、かなりの盛況で少し開場が遅れたようです。
開会式はLost Tales of CTHULHU(LToC)による生演奏で幕を開けました。
ハイトーンボイスとダークでシンフォニックな楽曲がとても心地よく、引き込まれました。
撮影可能か分からず写真を撮らなかったので、是非PVをご覧になって、雰囲気をお楽しみ下さい。

Lost Tales of CTHULHU - 悪夢の記憶

続いて、朱鷺田祐介氏のトークショーと弘司氏のライブドローイング。
トークショー前半は自分の準備であまり聞けなかったのですが、後半の「ラブクラフトの青春時代」はラブクラフトが同人活動を通じて詩で嫌がらせを綴った話や、人妻と交流を持った話など、生きていたら眉を顰めそうな(笑)お話を色々聞けました。
弘司氏のライブドローイングはLToCのメンバーを描いたものだったのですが、これがまたかっこよくて。下絵無しで2時間で描けちゃうんだ、ってびっくりしました。



そして私のサウィンの儀式&妖神乱舞朗読。
想定外のこととしては、東が客席にお尻を向けた方向だったので、東方を向いての詠唱部分を西方に変更したこと、チャコールが途中で消えてしまったこと、照明を文字を読めるぎりぎりまで落としてもらったのですが、読めない箇所がところどころ出てしまったことがあります。
チャコールに関しては消えやすいのは分かっていたので、相当しつこく点火したのに、悔しいです。
あともう一つ、テーブルがかなり味気なかったので、黒布でもかけるべきだったな、とこれは後で気付いて、残念な思いをしました。

魔術儀式の際の道具の種類は、かなりの数に及びます。
四大を象徴する剣、杖、杯、ペンタクルをはじめ、10数種類もの道具をテーブルに配置するのですが、都合に応じて変更は可能です。
本当は釜を用意してその中で贄を焼き捨てるのですが、火災報知機が鳴ってしまったら大変なので自粛。
冬を無事に越す為に捧げる贄は、本来は弱い動物などらしいのですが、克服すべき欠点・悪癖としました。
代表して一つ、何かありませんか?とお客様に問い掛けたのですが、予想通り出てこなかったので、前以てお願いしていた豚蛇さんに振りました。
「ギリギリまで行動しない習慣」という、きっと耳が痛い人が多いだろう悪癖を提案して頂き、羊皮紙に書いて、儀式のクライマックスで焼き捨て、無事儀式を終えることができました。

cRIMG0019.jpg

続けての妖神乱舞朗読。今回豚蛇さんに「読んで欲しい邪神あります?」と聞いたところ、まさかの18柱をご提案頂いたので、折角なので全部読んでしまえ、と思い、でもその中に妖神乱舞の最後に登場するアザトースが入っていなかったので、私リクエストということでアザトースを加えた19柱を朗読。
何しろ長さもまちまちで、綿密な照明打ち合わせが出来よう筈もないので、照明はライブハウスのスタッフさんにお任せしたところ、内容を察してかかなり怪しくして下さいました。
それでやはり所々、字が見え辛い箇所が出てきてしまったのは、ご愛嬌といったところでしょうか。
終わってから時計を見たら、なんとほぼぴったり1時間!私すごい。

cRIMG0034.jpg

私の次の演目は、おおぐろてん氏、ちゃま氏、三好一平氏のスタジオメトロノームの面々による、実話怪談。
ラブクラフトの小説が意味不明な出来事が淡々と続き、オチらしいオチもなく突然終わる、そのじわじわした怖さが実話怪談的だ、との「闇にささやくもの」を例にしての解説があり、続けておおぐろ氏らが心霊スポットなどで体験した怖い話が次々に語られます。
これが、実話だけに本当に怖いのです。
おおぐろ氏は生まれ育った環境からしてかなり心霊的なものに馴染みがあるようなのですが、巻き込まれた三好氏などは酷い目に遭っているのに、ご本人には霊障的なものは全く降り掛からずにいるそうです。多分霊的に強い体質なんでしょう。
私も全く霊感的なものがないので、良く分からないのですが。
お話が余りに面白かったので、以来家でもYOUTUBEで探して聞いています。怖いものに興味がおありの方は是非。

スタジオメトロノーム

cRIMG0051.jpg

他に2階会場では、クトゥルフ系アイドルNECRONOMIDOLのPV上映や、閉会式ではクトゥルフ系VtuberのAzatu様が閉会の辞を述べるなど、様々なコンテンツが登場し、盛り上がっていました。

cRIMG0052.jpg

司会の宇佐見坂うさりさんは、シュブ=ニグラスをイメージした角と、赤いドレスに黒い触手で、とてもグラマラスで素敵でした。
触手に捕らわれての2ショット。

cRIMG0059.jpg

1階カフェでは物販の他、ゲームをしたりクトゥルフメニューを出したりしていたようですが、そちらはほとんど行かれず、写真を撮ろうと降りた時はもうほぼ撤収されてしまっていました。
そちらも大分盛況だったようで、何よりです。
会場の広さ的に2フロア必要だったとは思いますが、行き来しにくかったのは少々残念です。

何はともあれ、沢山のお客様にいらして頂けて、そして楽しんで頂けたようで、嬉しかったです。
主催のふじわらさん、スタッフの皆様、出演・出展の皆様本当にお疲れ様でした。
クトゥルフフェス、来年も開催予定だそう。
どんな進化を遂げるのか、いまから楽しみです。



ランキング参加中。是非クリックお願いします!現在の順位も確認できます。



にほんブログ村
スポンサーサイト
11

06

22:25
Tue
2018

No.0203

ホラー水族館「七人ミサキ」

お化け屋敷ってお好きですか?
私はお化け屋敷や迷路、脱出ゲームの類が結構好きです。
どこが好きなのかと考えると色々思い当たりますが、特に惹かれるのは「非日常的な雰囲気」でしょうか。



方南町に一軒家お化け屋敷「畏怖咽び家」というのがあります。
最大6人のメンバーでミッションをクリアして脱出するらしく、2人などでは流石に怖そうなのと、恐らくはミッションクリアが難しいと思われる為、1年以上前から行きたいと思いつつ、一緒に行くメンバーが見つからず未だに行けずにおります。
仕方なくジョイポリスの3Dサウンドアトラクション「生き人形の間 赫」だとか、ダイバーシティのMRシアター「ティフォニウム」内の「マジックリアリティ コリドール」などに行ったりしています。
因みに「コリドール」は怖くはないものの、自分の足で歩き回れるMR体験がとても楽しかったです。

先日はサンシャイン水族館のナイトイベント、ホラー水族館「七人ミサキ」に行ってきました。
お化け屋敷プロデューサー五味弘文氏の演出するイベントです。
もう会期が終わっていますので、思い切りネタバレして行こうと思います。

ハロウィン期間だったので、サンシャインシティ内のレストランではハロウィンフェアが開催されていました。
ダッキーダックで待ち合わせ、晩ごはんにパスタを食べてからデザートに「☆Hallowee☆パーティー 〜紫いもとバナナのチョコケーキ〜」を頼みました。


紫色の泥の中から這い出してきたようなお化けが可愛いです。

ホラー水族館は開始時間が決まっていて、18時半と20時半の2回開場。
チケットはペアだと割安で、3000円でした。

水族館の階に移動すると、入場者が結構並んでいました。
入口で説明を受け、ヘッドセットとペン型デバイスを受け取ります。写真撮影は禁止とのこと。
そして、2人のうち1人が「誰にも渡してはいけません」という注意と共に、お札を渡されました。
館内随所にあるガイダンスにデバイスでタッチすると、音声が流れ始めます。
恨みがましい女性の独白ですが、立体音声ではないのでそんなに怖くはありません。
ストーリーをかいつまんで説明します。

七人ミサキを封印した塚を守る七つの家の、七人の女。
その一人である祥子は、掟を破り他の家の男と恋仲になる。
他の六人の女たちに男との仲を引き裂かれ、恨みに思った祥子は、塚を崩して海に身を投げ、自ら七人ミサキとなる。
六人の女たちを憑り殺した祥子だが、あと一人を殺さないと成仏できない。
最後の一人を探しに、祥子がやってくる・・・・・・

館内は黒い布が掛けられた水槽や、暗くてよく見えない水槽も多かったのですが、普通に見られるものもあったので、「チンアナゴ可愛い!」「イソギンチャク綺麗ー」などどはしゃいでいると、他のグループの人に「魚見てる・・・・・・」と呟かれました。
いや水族館だし!魚見て何が悪い!!
ストーリーに合わせ、水槽の中には恨めしげな表情の生首や水死体が浮かんでいたり沈んでいたりします。
舞台や映像作品用の人形は何度か作っていますが(こちら参照)、機会があればお化け屋敷用の人形を作りたいと思っている私は、それらを見ながら「水の中でも耐え得る素材だと何だろう」などと考えていました。
そういえば昔、人形作家の太山レミさんによる、石塑粘土で作ったオフィーリアの人形を水槽に沈め、崩壊していく様を記録するという随分と退廃的な企画がありましたっけ。

大きな水槽の前に来ると何人もの人々が並んで、水槽を見上げています。
でも、あれ・・・・・・?その中に、白い服を着た長い黒髪の女たちが6人。
七人ミサキの人形と気付いてぎょっとしました。
この中に、人形っぽくメイクした人間が混ざっていてもおかしくないな、と思いながら通り抜けました。
スタッフの誘導に従い、ヘッドセットを返し、2階への階段を上ります。
2階の部屋には、床に倒れている男の人形。そして、別の男の人形を引き摺った女の人形。
ん?人形?これはもしや・・・・・・。
思いながら進むと、後ろで「うわあああ!」と悲鳴が。
突然、女が動き出したのです。お化け上手い!

また、スタッフの指示で並ばされ、「大きな音が聞こえたら動かないように」と注意された上で、お札を持った人と持たない人で鳥居を潜り別の道を進まされます。
音が聞こえてきたので指示通り止まりました。
そこで、「あれ、足は動かなければいいんだろうけど身体の他の部分は動かしてもいいのかな?」と謎の疑問が浮かび、つい少し振り返ってしまいました。
考えてみたら少しでも動いたら発見されちゃうんでしょうから、これが実戦だったら死んでました。やばい。
やってきたお化け(祥子?)はお客の間を縫って一人ひとりを覗き込むような動きをしていて、間近で見た白い目が気持ち悪かったです。
一方お札を持っているチームは、スタッフの指示でお札を所定の場所に納めていました。
お化けの妨害もめげずお札が全部置かれると、持っていないチームの皆が助かり、皆で揃ってその場を出られます。

最後に、七人ミサキの崩れた3つの塚の石を直すよう言われます。
スタッフにランダムに指示されたお客の中には、「絶対嫌!」とパートナーに役目を押し付ける人もいました。
ここにもちょっとした仕掛けがあり、それが無事終わるとミッションクリアとなりました。

全体の感想としては、フロアに数人だけでしたら確かに怖いかもしれませんが、大勢のお客と一緒の上、スタッフまでいるので怖くない、それに尽きました。
最も、同行者はかなり怖がっていたので、人によりけりだと思いますが・・・・・・。

20181029f.jpg

水族館併設のカナロアカフェのコラボメニュー、指4本が乗った「BLACK ミートソース」が食べたかったのですが、もうご飯を食べてしまったので、「おばけアイス」「BLACKシュークリーム」「目玉ジュレ」と3種類あるデザートをそれぞれ選んで頼みました。
全て「ブラッドドリンク憑き」なのですが、できればホットドリンクが欲しかったです。

20181029e.jpg
同行者の頼んだ3種盛りホラーデザートプレート。

野外エリアの「マリンガーデン」はライトアップされていて、綺麗でした。

20181029h.jpg

実はここに祥子人形がいたらしいのですが、見逃しました。残念・・・・・・。
「畏怖 咽び家」いつか行けたらレポートします!

ランキング参加中。是非クリックお願いします!現在の順位も確認できます。



にほんブログ村
10

30

23:52
Tue
2018

No.0202

功を愛して人をも愛す

「冷たい」「他人に関心が無い」と言われることがあります。
自分としてはそんなことは無い、と思っているのですが、そう言われる要因に思い当たらないこともありません。
キリスト教の家庭に生まれ、毎週日曜には教会のミサに参列し、その後日曜学校に出て、という環境で育ち、「汝の敵を愛せよ」というような教えを刷り込まれてきたので、博愛主義を良しと考えてしまい、身近な人を特別視するという考えが持てないのです。
(キリスト教徒が皆そうではないので、持って生まれた性質と合わさってそうなったと思われます)
相方と議論をしていても大抵、糾弾されている側の肩を持つような発言をするので、「何故抵抗する」と言われます。
私のつもりでは、どちらかの側に付くというのではなく、逆の視点から物事を見た方が多角的に見られるのではないかと考えているだけなのですが、確かに身近な人からすれば、常に自分の味方でいて欲しいだろうな、とは思います。

先日、別の人と話していて、やはりキリスト教の教えに起因すると思われるもう一つの要因に気付きました。
「罪を憎んで人を憎まず」。
孔子の教えにもある、この格言です。
人間は、生き延びる為に状況に応じて言動を変えます。
平常時、殺人は罪ですが、戦時下ではそれは正義となり得ます。
8月に上演した舞台「罪の滴り」がこの問題を正面から扱っていましたが(こちら参照)、人は誰しも自分が潜在的には罪人であるという自覚を持たねばならないと思います。
「罪を憎んで人を憎まず」。
これは、逆のことも言えるのではないでしょうか。

罪の対義語は何でしょうか。
赦し?正義?徳?それとも太宰治の書いたように、罰?
「功罪」という言葉がありますので、一番近いのは「功」かも知れませんね。
「功」を辞書で引くと「立派な仕事、手柄、成果、結果、技術」などとあります。
分かりやすく「技」と言い換えても良いかと思います。
「芸術」と訳されるARTの語源が、自然と対峙する人工の「技」です。
素晴らしい芸術作品を生み出すアーティストの技は、勿論相応の弛みない努力の結果ではあるのですが、私はそれと同時に、神の、と言って語弊があるならば、自然の美が、その人を通じて現れているのではないかと思うのです。
ですから、その人が例え悪人と呼ばれるような人であっても、作品自体の価値は値引きされないと思います。
逆に、その人が素晴らしいことは間違いないけれども、その作品に寄与したのはその人のみの力ではない、と思うのです。

私の意見は、一般的ではないかも知れません。
けれども考えてみて下さい。
我々の大部分は、容色に優れた人を賞賛します。
その人が優れた外見を保つ為に如何に努力をしているにせよ、土台となる生まれ持った美しい容姿は、その人の努力とは無関係です。
にも拘らず我々がそれを褒め称えるのは、我々がそれを自然の美が現出したものと認め、価値を見出しているからではないでしょうか。

そういう訳で、私は「功を愛して人を愛さず」にいるので、冷たいと思われがちなのかな、と考えたのです。
とはいえ愛はキリスト教の教えの基本ですので、できれば愛する方が宜しいかと思います。
功を愛し、人をも愛する。常にそうありたいと望んでいます。



ランキング参加中。是非クリックお願いします!現在の順位も確認できます。



にほんブログ村
10

26

01:25
Fri
2018

No.0201

クトゥルフフェス 2018

018/11/4(日)、池袋ライブハウス オンリーユーにて開催される「クトゥルフフェス 2018」に出演させて頂きます。
朗読CDも出版させて頂いた、豚蛇氏の手になるクトゥルフ巻物「妖神乱舞」の朗読がメインとなります。
持ち時間が1時間程もあるので、それ以外にももう一作品くらい朗読するか、一人芝居でも作るか・・・と考えていたのですが、先日の《哲学者の薔薇園》での長南さんのサウィンの儀式に感銘を受けたので、私も挑戦してみようと思いました。
ハロウィンの元となったサウィンは古代ケルトに起源を持つウィッカ(魔女)の儀式で、季節と自然の恵みを讃え、感謝を捧げるというものです。
暗く厳しい冬を無事に過ごせますように、という願いも込められています。
クトゥルフの邪神たちも儀式によって大人しく収まってくれれば良いのですが。
また、式次第には、魔術結社 黄金の曙が採用する手順も含まれます。
他にも色々な出し物があるようですので、もしご興味のある方は是非!

**********
CTHULHU FES(クトゥルフフェス)2018


日時:2018/11/4(日) 10:00~18:00
会場:池袋 ライブハウス オンリーユー
   東京都豊島区池袋2-64-11 平和ビル2F
料金:3,500円

★ステージイベント
ライブハウスのステージを利用した、音楽・上映・トークが中心のイベントです

1)シンフォニック・クトゥルフ・メタル・バンドLost Tales of CTHULHU(LToC)による迫力のメタル曲生演奏
2)イラストレーター・弘司氏によるライブドローイング
3)クトゥルフ神話ライター/ゲームデザイナー、朱鷺田祐介氏のクトゥルフゲームデザイントークショウ(ゲスト:木皿儀隼一氏)
4)女優の由良瓏砂さんによるクトゥルー巻物朗読
5)おおぐろてん氏率いるスタジオメトロノームのメンバーによるクトゥルフを交えた実話怪談&ホラートークショウ
6)ペンギーノキッチンの2人による、クトゥルフ創作料理
7)クトゥルフビール2018の提供
※開栓してのご提供です。お土産のテイクアウトはできませんので、ご注意ください

司会進行:宇佐見坂うさりさん

74614.jpg

★クトゥルフ・アート・カフェ
飲食とゲームと物販が可能な特設ゲームカフェです
ライブハウス階下にあるお店でステージイベントと同時進行で行います
全体的にカジュアルな雰囲気です

1)クトゥルフLARP(事前予約制。10月頃に募集)
2)1時間クトゥルフ神話TRPG体験
3)クトゥルフ系のボードゲーム(クトゥルフウォーズ等)
4)クトゥルフ軽食の提供
5)物販
6)クトゥルフ・アート

会場にいるイラストレーターさんに、クトゥルフ・アートのお絵描きをその場で依頼できる機会を設けます
一般参加の方でも、お絵描きに参加できます

★物販参加アーティスト(敬称略)

・青木淳(るるい宴)
・鷹木殷子(るるい宴)
・海野なまこ
・コノス
・しゅたいなー
・豚蛇
・to
・申バ造
・佐藤和由(絶滅屋)

主催:Lost Tales
お問合せ
E-Mail cthulhufes@yahoo.co.jp



ランキング参加中。是非クリックお願いします!現在の順位も確認できます。



にほんブログ村
10

24

02:19
Wed
2018

No.0200

《哲学者の薔薇園》公式サイトオープン!

私と相方が都内3ヵ所で月に数回営業しているカフェバー《哲学者の薔薇園》の公式サイトができました!

《哲学者の薔薇園》



常連さんにして、薔薇園でのイベントに度々進行役などで参加して下さっている、ほぼスタッフと言ってもいい長南さんが、サイトを構築して下さいました。
今まで纏めようと思いながらそのままになっていた、武蔵小山TARUHO時代からのアーカイブページも、少しずつ充実させて行きたいと思います。

因みに、これまで《哲学者の薔薇園》は「コンセプトダイニングカフェ」もしくは「コンセプトカフェバー」と銘打っておりましたが、よりアーティストやクリエーターの為のサロンとしての機能を重視したいという思いから、今月より「アートサロンカフェ」を名乗ることに致しました。

10月は13日に伴田良輔「アリスマトニカ」上映会&トークショー、21日に秋薔薇撮影会&お茶会、14日と28日にハロウィンの祝宴と盛り沢山で、それぞれレポートもしたいところなのですが、全然時間がありません。
15日は長南さんが、ハロウィンに因んで古代ケルトに起源を持つ「サウィンの儀式」を執り行って下さったのですが、28日は私がそれの簡易版を行なうことになります。
小松さんによる儀式の動画はこちら



今までほぼTwitterでしか営業の告知が出来ておりませんでしたのが、これからはサイト経由でお知らせできるので、とても便利になるかと思います。
11月もかなりイベントが充実しております。
初めてのお客様も、是非遊びにいらして下さいませ。

ランキング参加中。是非クリックお願いします!現在の順位も確認できます。



にほんブログ村