Rosa†Antica(ロサ・アンティカ) - アンティーク・レトロ雑貨店の商品紹介など

07« 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »09
08

17

23:57
Thu
2017

No.0107

インペリアル・イースター・エッグ

卵モチーフの宝石箱やオルゴールに惹かれて集めているうちに存在を知ったのが、インペリアル・イースター・エッグ。
ロシア・ロマノフ王朝のアレクサンドル3世及びニコライ2世が、皇帝御用達金細工師ピーター・カール・ファベルジェに注文して作らせた、宝石などの豪華な装飾が施された美術工芸品です。
1885年から1917年の間に60個程が作られ、うち40数個の存在が確認されています。
アレクサンドル3世が皇后マリア・フョードロヴナへの結婚20周年記念の贈り物として作らせたものが最初の卵で、それ以降毎年「サプライズ」と呼ばれる仕掛けの施された様々なデザインの卵が生み出されてきました。
例えば最初の卵には、金にエナメルを施した卵を開けると黄金の卵黄が現われ、更にその中からは黄金のめんどりとダイアモンド製の冠、ルビーのペンダントが出てきたそうです。
この卵のデザイン及び仕掛けは年を追うごとに豪華さと精緻さを増してゆき、高い評価を得ました。
そしてアレクサンドル・ケルヒの注文による7つの卵の他、限られた客の為にも幾つかの卵が作られました。
土産物としてロシアでは沢山のレプリカが作られています。

インペリアル・イースター・エッグの判明しているもののリストは以下になります。

最初のめんどり (黄金の卵) 、籠のにわとり (サファイアのペンダント)、3番目の卵、馬車とキューピッド (馬車と卵を抱く天使)、小物入れ、デンマークの宮殿、アゾフの思い出、ダイヤの格子、カフカス、ルネサンス、薔薇のつぼみ、青い蛇の時計、水晶 (回転するミニチュア絵画)、12の飾り文字 (アレクサンドル3世の肖像)、戴冠式、モーブ (藤色)、すずらん、ペリカン、百合の花束の時計、パンジー、シベリア鉄道、若いおんどり、野の花の籠、ガッチナ宮殿、クローバー、皇帝の軟玉 (アレクサンドル3世の肖像)、ピョートル大帝、デンマーク王国祝祭、モスクワのクレムリン宮殿、白鳥、薔薇の格子、愛の記念 (花綱飾りのゆりかご)、アレクサンドル宮殿、孔雀、スタンダールの帆船、亡きアレクサンドル3世をしのんで、列柱の時計、馬に乗るアレクサンドル3世、15周年、月桂樹 (オレンジの樹)、ツァレーヴィチ (皇太子アレクセイ)、ナポレオン (ナポレオン皇帝)、ロマノフ王家の300年、冬、モザイク、グリセイユ、浮彫り(エカテリーナ女帝)、キリストと聖女の肖像と赤十字 、ロマノフ家の肖像と赤十字、鉄の砲弾、聖ゲオルギ勲章、カレリヤの白樺 (白樺)、星座 (未完成)

以下画像はレプリカになります。

ルネサンス



戴冠式

P7238239.jpg

すずらん

@P8108570.jpg

ナポレオン

P7238232.jpg

ロサ・アンティカで取り扱い中のエッグについては、こちらをご覧下さい。

ランキング参加中。是非クリックお願いします!現在の順位も確認できます。



にほんブログ村
スポンサーサイト
07

24

02:02
Mon
2017

No.0102

エネスコ フィギュアオルゴール

最近は色々な会社やシリーズのオルゴールをご紹介しておりますが、今回は1958年アメリカ創業のエネスコ(Enesco)社のオルゴール。
プレシャスモーメンツやディズニーのフィギュアオルゴールで有名です。



これはおもちゃ箱を象ったオルゴール。木馬の頭がスイッチになっていて、倒すとこま、人形、お城の周りの兵隊たちが回ります。

P5307641.jpg

上のオルゴールのミニチュア版みたいな雰囲気の、うさぎのオルゴール。こちらはエネスコではなくサンキョー製です。
こちらで販売中。

P5237520.jpg

クッキングレッスン。母親にお料理を教わっている少女でしょうか。
背後のスイッチを入れると、人形たちがボウルの中身を掻き回す、生地を伸ばすという動きをします。
こちらで販売中です。

現在他にも沢山のメリーゴーランドとサンタクロースや猫、びっくり箱など、色々なフィギュアオルゴールを扱っております。
いずれも、人形たちの楽しげな様子が心躍ります。
プレゼント用にも是非どうぞ!

ランキング参加中。是非クリックお願いします!現在の順位も確認できます。



にほんブログ村
07

19

23:49
Wed
2017

No.0101

ミスタークリスマス メリーゴーランドオルゴール

前回のブログのカルーセルオルゴール繋がりで、アメリカのミスタークリスマス社のオルゴールを幾つかご紹介。
1933年創業のミスタークリスマス(Mr.Christmas)社はその名の通り、クリスマスオルゴールを初めとする様々なデコレーションのオルゴールを生産しています。
ノスタルジックなクリスマスの風景のみならず、メリーゴーランドや観覧車など遊園地の乗り物や、スケートリンクにサーカス、舞踏会シーンなど、夢のある光景が細部まで拘って表現されています。
メリーゴーランドは特によく見かける気がします。きっと好む人が多いのですね。



これはオーソドックスなメリーゴーランド。こちらで販売中です。

P6297865.jpg

こちらは人が乗っています。台も3重になっていますね。

P7118000.jpg

こちらも人が乗っていて、橇などもあり、賑やかです。こちらで販売中。

P7118017.jpg

これは豪華な人が乗った二階建て!但し残念ながら音は鳴りますが、回りません。こちらで販売中。

さて、どれがお好みでしたでしょうか。
お家に一台あると、きっと楽しめるかと思います♪

ランキング参加中。是非クリックお願いします!現在の順位も確認できます。



にほんブログ村
07

16

23:57
Sun
2017

No.0100

むらいこうじ カルーセルオルゴール

このブログでも何度かご紹介している、むらいこうじ氏のオルゴール。相方が最近色々と仕入れてくれていて、割と珍しいものもちょこちょこありますので幾つかご紹介します。



こちらのシアターオルゴールはよくある紙箱でもプラスチック箱でもなく、作りが豪華な木箱入り。ピエロもクラウンではなくプルチネッラです。
直ぐに売れてしまいました。

P7027950.jpg

これはからくり時計仕立てのオルゴール。遊園地にでもありそうな、枠部分の装飾が素敵です。
商品名が「カルーセル(回転木馬)メリーゴーランド」とありますが、厳密にはロッキンホースですね。
これも売れてしまいました。

P7118079.jpg

そしてこれ!上の時計の中に入っているのと同じ、木馬に乗った二人のピエロのモチーフですが、何と木製の切り絵?です。
螺子を巻くと「星に願いを」の曲に合わせ、ゆっくりゆっくり木馬が動きます。最高です。
こちらで販売中ですが、これもまもなく売れてしまいそう。

ランキング参加中。是非クリックお願いします!現在の順位も確認できます。



にほんブログ村
02

23

23:15
Thu
2017

No.071

卵の中の世界

「鳥は卵の中から抜け出ようと戦う。卵は世界だ。生まれようと欲するものは、一つの世界を破壊しなければならない。鳥は神に向かって飛ぶ。神の名はアプラクサスだ」
大好きなヘルマン・ヘッセ「デミアン」の一説です。
破壊と創造、死と再生のイメージは、神秘主義的文献の中に頻繁に現れます。
既成概念を越え新たな価値の中で生きるのに、通過儀礼としての死と再生が必須となるからでしょう。
錬金術の文献にも、卵のイメージは頻出します。
錬成に使われるフラスコは「哲学者の卵」と呼ばれますし、ヨハン・ヴァレンティン・アンドレーエの著作「化学の結婚」では、錬金術の作業の過程で卵から鳥が孵化する場面が描かれます。

栄養価的にも完全食に数えられることのある、卵。
復活のシンボルであることから、キリスト教の最大の祝祭である復活祭には、色とりどりに彩られた卵が配られ、食べられます。
卵を象ったお菓子やチョコレートなども作られて、お祝いの食卓に並びます。
移動祝日である復活祭。今年は4月16日がその日に当たります。

卵のモチーフには常に魅了されていたのですが、最近は卵形のオルゴールの仕入れに熱を入れております。
先日相方が、素晴らしいエッグアートのコレクションを仕入れてくれました。


P2185946b.jpg

恐らくはそのうちの多くは個人の作家の手になるものではないかと思うのですが、精巧な細工を施されたダチョウやアヒルの卵の内側には、鳥や少女の可愛らしいフィギュアが配され、ジオラマのように作られていて、いつまで眺めていても飽きません。
こういった品物を入手すると、自分の家が博物館やギャラリー、せめて店舗であったらと残念な気持ちになります。
せめてこの場で公開して、何人かの方々の目を楽しませることができれば、と思うのです。

いつものように販売もしております。こちらのリンクをご参照下さいね。

ランキング参加中。是非クリックお願いします!現在の順位も確認できます。



にほんブログ村