Rosa†Antica(ロサ・アンティカ) - アンティーク・レトロ雑貨店の商品紹介など

01« 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 »03
11

13

22:18
Mon
2017

No.0126

仕入れ、成功!

先日、月に一度の市場に行って来ました。
前回の9月に引き続き、高速バスを利用。
よく晴れた日で、冠雪の富士山を眺めながら、気分良く市場への道を辿りました。

39525.jpg

この日、個展などで多忙なマンタムさんは欠席。
自動落札システムを阻止するよう言い付かっていたので若干緊張しつつスタンバイしました。
いつもは室内の品物から競りが始まりますが、この日は外の品物が少ないからと、異例の外からのスタート。
外の品物は室内に比べ、ジャンクなものが多いです。
ガラスケースとセットになった置時計を落としたら、相方からどうやって持ち帰るのかと怒られました。
しかも、もっと大きなガラスケース入り博多人形をおまけに付けられてしまい困惑・・・。
めげずに、目をつけていた人形の山を発句から半額になったところで落札。
一時間ばかりで室内へ移動。大物から競りが続けられます。
状態の良いビーズバッグの山を、やはり発句から下がったところで落札。
市場主の荷物が終わり、最後に競られるのが座敷の中央にずらりと並べられたお盆の中身です。
お盆の品物は、一盆いくらの場合もあれば、品物ごとに競られる場合もあります。
この日一番高値がついたのは、銅製の仏像。矢継ぎ早のヤリが飛び交いました。

ここまで、狙っていたものは競争相手も無く、かなり安値で落とせていて、一番に目をつけていたタッセルの山に至っては口上で「誰が買うんだ」とまで言われていた順調さ。
もう声を出すものも無いかな、と思っていたら、最後の最後で荷が増え、一番最後のお盆には欲しいものが沢山。
しかも中にあった練り物の彫像を、いつも市場では「要らない、買うな」とばかりの相方が、珍しく買え買えとせっつくので、この日初めて競って落としました。
再度にクオーツの懐中時計4つを落札。14時頃競りが終了しました。
どうしようと思っていた博多人形は、「上野で売れるから」と引き取って下さった方があり一安心。
マンタムさんの自動落札システムも、皆さん「今日は止めとこう」とちゃんと心得ていて下さったので、体を張って止めることはせずに済みました。

金額的にはいつもとほぼ変わらずでしたが、今回成功だったのは、余計なものがほぼ無かったこと。
いつもは欲しいものを落とそうとすると、必ずといっていい程かさばる不要なものが沢山付いてきてしまうので、それがないのは大分助かりました。
もう一つはどれも比較的状態が良かったこと。
相方が市場での仕入れを渋るのは、状態が悪いものが多いというのが大きな理由なのです。
ガラスケースとナイロンバッグに何とか品物を収め、カートを引いてバス乗り場へ向かいました。
前回も時間を潰すのに入った、ログハウス風のカフェレストランに入ると、中はすっかりクリスマス仕様。

39526.jpg

バスが予定の時刻を10分過ぎても来ず、バス会社に電話をするというハプニングもありつつ、遅れてやってきたバスで無事帰路に着きました。

39523.jpg

裸のお人形は大したものではないのですけどね。お洋服を見つけてあげなくちゃ。

ランキング参加中。是非クリックお願いします!現在の順位も確認できます。



にほんブログ村
スポンサーサイト
11

02

23:59
Thu
2017

No.0124

バザーのすすめ

最近余り行かなくなってしまいましたが、一時期よく利用していた仕入場所にバザーがあります。
私の住んでいる区の公共施設では不定期にバザーが開催されていて、一度行ってみたところ、品揃えの良さと何よりも安さにすっかり魅せられて、足繁く通っていました。
開催は夏以外の月1~4回くらい。同じ日に別の会場で開催されることもありました。
会場は区内に10箇所程あるのですが、高級住宅街にある施設だと品揃えが良いかというとそんなことも無いのが不思議です。
バザーは大抵日曜の朝から午後早くまで。仕入後は近くのカフェでランチをしつつ、相方と相談しながら値付けをしました。
バザーの出品物は衣類が多いのですが、うちではあまり捌けないので、メインは雑貨。次いで服飾小物やアクセサリ、時々本やCDなどです。
仕入値は100円からせいぜい500円。破格だと10円、20円というものも。
販売価格は2000円くらいのものが大半でしょうか。
なぜこんなに安いかといえば、出品者は一般の方で、家庭の不用品を持ってきて並べているからです。
中には業者の方の出店もありましたが、そういったものは流石に高めの値段設定で、仕入れにはなりませんでした。

先日は私が所属している教会のバザーがあり、生憎の雨でしたが出かけて行ってちょこちょこと仕入れてきました。
子供の頃から通っていた教会でも毎年秋にバザーがあって、楽しみにしていたものです。
もちろんその頃は自分のものを購入していたのですが、小学生の頃、江戸川乱歩名作集を購入して庭で読んだり、少し大人になってからはレトロなデザインのワンピースやブラウス、ジャケットなどを買い込んだり。
実は愛用しているシルバープレートのケーキ皿とフォーク、お盆のセットは中学生か高校生の頃、バザーで購入したもの。僅か200円くらいでした。
台つきカップは確かリサイクルショップ。シルバープレートのポットとクリーマー、シュガーポットはネットオークションです。
シルバーのティーセットは憧れだったので、嬉しかったです。かなり渋い色合いになっておりますが、お気に入りです。



公民館、教会の他、学校などでもバザーは開催されていますので、機会があれば行ってみることをお勧めします。
思いがけず掘り出し物が見つかるかもしれませんよ。

ランキング参加中。是非クリックお願いします!現在の順位も確認できます。



にほんブログ村
09

23

02:22
Sat
2017

No.0115

旧内藤医院 昭和5年築の洋館

先月、銀座ミ・アモーレギャラリーでの人形展の際、友人の人形作家で鎌倉で「創作人形あとりゑKULA-LA」を主宰されている渡邊萠さんがちょうどお隣のアモーレギャラリーで展示をされていて、搬出日に立ち寄って下さいました。
鎌倉での教室展を拝見したことはあるものの、私の実家から程近いご自宅のアトリエへ伺ったことはないままでしたが、最近アトリエを鎌倉駅近くの古い洋館に移転されたというのはSNSを通じて知っていました。Facebookではその洋館、旧内藤医院の大家の圭子さんから友人申請頂き、やり取りさせて頂いておりました。また、私の親しい友人が旧内藤医院のすぐ近くに住んでいて、人形教室展開催の際に訪れたというお話も聞いていました。
母屋の洋館の他に日本家屋もあり、借り手を探しているのだとか、家にある品物を50円からというお値段でホームセールしているといったお話も聞きました。これでは、気にならない筈がありません。

台風接近中の先日17日、天候は幸い何とかなりそうでしたので、予定通り昼過ぎに鎌倉へ向かいました。
駅へ着くと友人の真理子が既に手土産を買っていてくれ、一緒に旧内藤医院へと向かいました。
鎌倉の医院には古い趣のある洋館が少なくないのですが、こちらも実に風格のある建物でした。
ノウゼンカズラやルリマツリなど、建物を覆う植物も私好み。



緑の小道を通り、年を経た木製のドアを開けると、程よい広さの玄関ホール。大家の圭子さんと萠さんが迎えて下さいました。
書斎のようなお部屋でお茶とお菓子を頂きながら、家やご家族についての貴重なお話を伺ったり、お写真を見せて頂きました。
母屋は昭和5年築、日本家屋はなんと大正5年築だそう。ここに入っていた家具など4トントラック数台分を捨てたのだそうです。勿体無い…。

34792.jpg

並べられた品物の中から気になるものを選り出してまとめて頂き、その後お宅の中を案内して頂きました。
萠さんのアトリエは薬品室として使われていた玄関脇の小部屋。白で纏められた瀟洒な内装ながら、棚の一つには「毒薬」と書かれていたり、やはり歴史を感じます。そのお隣には整体院が入っています。
日本家屋も見せて頂きました。サンルーム付きのなんと5LDKです。一人で住むとしたら広いというか、ちょっと怖いのではないかとさえ思いました。
そして普段お客は入れないという、2階の圭子さんの住居にまでお邪魔してしまいました。
窓辺の緑のカーテン越しに光が差し込み、窓辺には小さな動物たちが並べられてとてもメルヘンチックです。
珈琲を頂きながら、レコードプレーヤーで古いSP盤やEP盤を聴かせて頂きました。
中には19歳の圭子さんがリリースしたレコード盤も!
当時の歌謡曲って大人っぽかったんですね。あどけない歌声とのギャップがあって、それが何だか素敵でした。

古い建物を維持するのって、とても大変だと思います。
古我邸についての記事(→こちら)で触れたように、鎌倉には風致保存会が存在します。
私は実は会員になろうと思いながら果たせぬまま東京に出てきてしまったのですが、日本のナショナルトラスト運動として気にはかけています。ですが保存対象になったらなったで、釘一本自由に打てなくなってしまうのだとか。
因みに父は「鎌倉 峯山の会」というものを作って、北条家常盤邸跡の裏山を整備する活動をしているそうです。
父のブログ「放生記」にたまに活動内容が記載されておりますので、ご興味のある方はぜひご一読下さい。
旧内藤医院のホームセールも、是非覗いてみて下さいね。思わぬ掘り出し物が、見つかるかもしれませんよ。

ランキング参加中。是非クリックお願いします!現在の順位も確認できます。



にほんブログ村
09

10

20:14
Sun
2017

No.0111

夏の終わり、市場にて

一昨日、久しぶりに市場に買出しに行ってきました。
ここ数ヶ月は相方が凄い勢いでネットで仕入をしておりましたので、そちらの品出しでいっぱいいっぱいだったのですが、本来は毎月顔を出すべきもののようです。
やはり横の繋がりを重んじる社会なのですよね。
レンタカー、電車で行ったことはありますが、今回は初めて高速バスを使用してみました。
新宿バスタを利用するのも初めてです。特に遅れもなく、時間通りに最寄のバス停に到着したのが、開始時間の約50分前。
そこからGoogleマップを頼りに、道が正しいか受付時間に間に合うかと多少焦りつつ30分程歩き、無事会場に到着しました。

市場での競りの進行は、当然ながら出席者によって左右されます。
この日は家具を扱う業者さんが不在だった為、いつもなら必ず落とされる木製家具に声が掛からず、取り置きのような状態になることが多かったです。
私は手持ちなのでなるべくかさばらないものを、と思いつつ、いつも買い手の付かない額ものがどうしても気になり、つい3点程声を掛けて落としてしまいました。
絵は本当に人気が無くて、中身の絵よりむしろ額狙いの人が多いくらい。
大きすぎて諦めましたが、ベルトランやドニのリトグラフが1000円、2000円などでもなかなか声が掛からないくらいなのです。
クリムトのリトグラフで小さめのものがあったので、よし、と思って声を出したら倍の槍をつかれて断念。ちょっと惜しかった。。

この日は荷物が少なかったようで、いつもは大体15時くらいまでなのが、13時半で終了。
お天気が不安定な日で、物凄い雨が降ったり止んだり、眩しい日差しが照り出したかと思うとそのまままた雨になったり。
有難い事にマンタムさんが荷物を運んで下さるというので、お言葉に甘えてお願いしてしまいました。
帰りのバスは17時過ぎだったので、バス停近くのアミューズメント施設っぽいところで時間を潰そうかと入ってみたところ、中にあるのはパチンコ屋のみ。
諦めて近くのログハウス風のカフェへ。
こんな場所に誰がお茶を飲みに来るんだろう、という入る前の印象通り、広々とした店内には誰もいません。
溜まっていた販売記録を付けたりしつつ、旅行気分で2時間程過ごしました。
次回バスを利用するなら、帰りはもう少し早い便にしようかと思います。

市場の近くの風景。



ランキング参加中。是非クリックお願いします!現在の順位も確認できます。



にほんブログ村
11

08

23:20
Tue
2016

No.047

ドマン?

ロサ・アンティカの業務は、相方と分業で行っております。
私は主に仕入れ、商品管理、発送担当。また、対面販売の際の接客はほぼ私。
特に取り決めをした訳ではないのですが、得意なことを任せたり任されたりしているうちに、自然とこうなりました。
ところが最近、相方が積極的に仕入れをしてくれています。
彼はかなりセンスが良いので、今後の品揃えにご期待下さい!

私のお気に入りのレリーフ額(こちらの記事参照)も見つけてくれたのですが、そのうちの一つに「Demain」のシールがありました。
前に仕入れたピエロのオルゴールと似たデザインのものです。

PB083732.jpg

リモージュ風の陶製フィギュリンのオルゴールで有名なイタリアのドマン社のようなのですが、すると今まで見つけたレリーフ額は皆、ドマン社のものなのでしょうか?
インターネットで検索してみましたが、あまり情報がなく決め手に欠ける感じでした。
ともあれ、今後も見つけたらなるべく仕入れるようにするつもりです。



ランキング参加中。是非クリックお願いします!現在の順位も確認できます。



にほんブログ村