Rosa†Antica(ロサ・アンティカ) - アンティーク・レトロ雑貨店の商品紹介など

01« 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 »03
01

31

01:36
Wed
2018

No.0142

ミシェル・トロワグロ

1月27日は相方の誕生日。
前に書いたように(→こちら)、記念日はフレンチレストランに行くことが多いのですが、今年は知人がやっている築地の天ぷら「おかめ」に行こうかと思っていました。
店主の柴田さんとは私が人形を作り始めた頃からのお付き合いで、良く展示を見に来て下さっていたのですが、私が創作から離れた為もありしばらくご無沙汰していたのでした。
昨年ギャラリーで再会し、私と相方のお店《哲学者の薔薇園》によくいらして下さるようになりました。
お店をやってらっしゃることは以前から知っていたのですが、今は私たちも飲食店をやっているので、色々なジャンルのお店に食べに行く方が勉強にもなるかなと思ったのです。
ところがつい予約をしそびれていて、お電話した時にはもう予約が塞がってしまっていました。
それで急遽別のお店を探すことに。
年末にクリスマス会で行って豪華な雰囲気に魅了された、家からも近いハイアット・リージェンシーのフレンチレストラン、ミシェル・トロワグロにランチの予約を入れたところ、無事お席があり、予約できました。

今まで沢山のレストランに行ってきたものの、後から思い出せるお料理って意外とないのですよね。
それで、ますます何のブログか分からなくなりそうですが、お店や頂いたお料理のことを記録してみようと思います。(既に色々忘れているのでところどころ不正確です・・・)

当日は徒歩でハイアット・リージェンシーへ。
この辺りのビルだと大抵高級レストランは展望フロアなので、てっきりここもそうかと思っていたら、なんと一階でした。
今まで何度も気付かず前を通り過ぎていたお店だったのですね。
店内はオープンキッチンで開放感があり、調度も渋い木を使用した少し素朴な雰囲気。

アミューズ・ブーシュはフィンガーフード三種。コンソメゼリーを入れた花びら型の紅白の蕪、そば粉のタルトにクリームを乗せアーモンドを散らしたもの、イカスミで黒く色づけした小麦粉をまぶした、トリュフソース入りのフリット。
パンはブリオッシュとカンパーニュ。大理石のバターケースに入った発酵バターには、ゲランド塩が一つまみ。

あざらし誕_180131_0025

オードブルの「大地のルトゥール」は蓮根のクリームにパセリ、サクサクのパン、カリカリのハム、揚げた蓮根が振りかけてあり、オリーブオイル漬けの卵黄が隠れています。これが絶品でした。食感が素晴らしく、彩りも鮮やか。残念ながら写真に撮ると、かき揚げかお好み焼きみたいに見えてしまいますが・・・。

あざらし誕_180131_0023

メインは相方が「サーモンの “アンリ・マティス”」を頼んだので、私は「仔牛のロティとセージ ラディッキオ・トレヴィーゾ」にしました。

あざらし誕_180131_0006
あざらし誕_180131_0022

フレンチではアミューズやオードブルは手が込んでいて美しいけれど、メインはそこまで印象に残らないということが多い気がします。
その点、ここのメインは素晴らしかったです。今までのお料理もそうですが、視覚的に非常に美しく作られているのです。
特にアンリ・マティスの「かたつむり」という作品をモチーフにしたサーモンは上に様々な形にカットされた3色の薄切りの大根が配され、まさに絵画。
仔牛のロティも、くるんとした形のイタリアの野菜ラディッキオ・トレヴィーゾと切り込みの入った楕円形の子牛肉が変形の皿の上に芸術的に配置されています。
ハムのような食感の子牛肉は、上から海老のビスクソースを掛けて頂きました。
食べ終わるとお腹一杯。フルコースなんて無理だと思う・・・。

あざらし誕_180131_0020

最後の小菓子は松の葉の上に抹茶のガナッシュ入りの抹茶トリュフ、胡麻のマカロンとポルチーニの隠し味のキノコ型チョコレート。
そしてもう一品のデザート「しら雪」は白いサバラン。目の前で凍った紅玉のすりおろしを掛けて仕上げてくれます。
デザートはお料理に比べると、少し平凡な印象でした。
さて、次はどこのメゾンに行こうかな。今から楽しみです♪

ランキング参加中。是非クリックお願いします!現在の順位も確認できます。



にほんブログ村
スポンサーサイト
01

03

19:52
Wed
2018

No.0137

謹賀新年

新年開けましておめでとうございます。
本年も宜しくお願い申し上げます。

早いもので、私がこのブログを開始して1年半あまりが過ぎました。
昨年一年も色々なことがあり、少しずつですがやりたいことも実現できるようになってきています。
私一人では到底叶わないことですので、相方はじめ支えて下さっている皆様には感謝するばかりです。
感謝の気持ちを多少なりとも形にしようと、お世話になっている方々のサイトへのリンクを設けることにしました。
引き続き、ブログの相互リンクも歓迎致します。

元旦から昼夜逆転の挙句、制作しておりましたが、毎年の恒例で昨日は実家に帰ってきました。
妹家族は大晦日から元旦にかけて滞在したらしく会えませんでしたが、弟がやってきて、皆で食卓を囲みました。
父は最近力を入れている「峯山の会」の活動で、今度は峯山のHPを作るのだそうです。
私も自分の出来ることを、コツコツ頑張っていこうと思います。



ランキング参加中。是非クリックお願いします!現在の順位も確認できます。



にほんブログ村
11

08

02:50
Wed
2017

No.0125

美しい生活を目指す

古物商になろうと思った理由の一つに、古くて美しいものに囲まれて生活したい、ということがあります。
とはいえ、コレクターになる程の資力はないので、それなら仕事でそういうものを扱えばいいのだ、と思いついたのです。
でも実際にそういったものを扱い始めると、モノが家に溢れることになり、結局美しく整った住環境からは程遠い状態になってしまいました。
倉庫があれば、時間があれば、などと思えどそこまでの余裕があれば苦労しません。
それでも何とか生活に美しさを、とベランダガーデニングをしたりティータイムを充実させたり苦心惨憺している訳です。

ダイニングカフェバーを始めてからは、食も気にするようになりました。
でも、深夜に帰宅し寝る前にコンビニ弁当などを食べるという、無謀な食生活でした。
今はカフェバー営業も月に数回ですので、もう少し食に手間隙を掛ける余裕が出来てきました。
夏の2ヶ月、私にしては珍しくダイエットに取組み、糖質制限を試行していました。
一番の目的は朝型になること。

実家にいた頃、父は毎週末早起きして海に行き、ランニングをしたり犬と遊んだりコッヘルで珈琲を淹れたりしていました。
中学生の頃から夜更かしで朝が滅茶苦茶苦手な私もこの朝の散歩にどうしても付いて行きたくて、頑張って無理して起きようとするのですが、2回に1回くらいはどうしても起きられず、置いていかれて悔しい思いをしたものです。
また、授業中や仕事中居眠りをすることも多く、ずっと悩んでいたのですが、自己診断してみると睡眠障害という訳でもないようなのです。
毎年のように年初の目標に「朝型になる」を掲げるも実現できず、という長年の悩みなのですが、糖質制限自体は結局あまり私に合っていないようなので止めてしまったものの、食生活の見直しは続けていたところ、最近朝が以前ほど辛くないのに気付きました。
今実行しているのはジャンクフード(スナックやカップ麺、ファーストフードなど)を極力食べない、30回噛む、などです。

それから、おやつに毎日のように食べていた甘いものを、自家製トレイルミックスに変えてみました。
これは前からやってみたかったのですが、友人が鎌倉に出来たナッツ専門店のミックスナッツをお土産に持ってきてくれた時、ルビーウォルナッツやピスタチオの色彩が美しいのに感動して、遂に試してみることにしました。
缶に継ぎ足していくだけなので簡単ですが、ナッツとドライフルーツを一緒にすると、どうしてもナッツが少し湿気てくるようなので、別々に作って必要に応じて混ぜています。

39290.jpg

今入っているのはアーモンド、カシューナッツ、クルミ、ピーカンナッツ、ピーナッツ、ココナッツ、パインナッツ、パンプキンシード、サンフラワーシード、クランベリー、イチヂク、マンゴー、デーツ、トマト、パイナップル、レーズン、ブルーベリー、ゴジベリー、バナナチップ。
入れれば入れるだけ味にバラエティが出るので、次は何を入れようかと楽しんでいます。そのうち入れたいのはブラジルナッツとマカデミアナッツ。
グラノーラやヨーグルトに混ぜるのも美味しいですよ♪

ランキング参加中。是非クリックお願いします!現在の順位も確認できます。



にほんブログ村
10

31

22:08
Tue
2017

No.0123

若月まり子の妖精たち

創作人形を古物市場に徐々に流通させられたらという思いがあります。
そんなに量産できるものでないとはいえ、作家が増えていることもあり、ネットオークションやフリマアプリで見かけることも多くなりました。
何を隠そう、自分の作品に出会ったことも2回ほどあります。購入された方からご連絡頂いたことも。
自分の手を離れた作品がどうなるか、少しハラハラしながら見守っています。

日本の創作人形作家で最も有名なのは四谷シモン氏かと思いますが、氏の人形はそうそう見かけません。
昔友人がリサイクルショップで、サインこそ入っていないもののシモン氏の作品に違いないと思われる等身大以上の大きさの人魚のマネキンを購入していましたが、稀なケースでしょう。
シモン氏に匹敵する有名作家の船越桂氏や、辻村ジュサブロー氏、与勇輝氏、私の師匠である吉田良氏などの人形もそうです。希少価値が高いので、おそらくコレクターやギャラリー間での取引に限定されるかと思います。
一方、むらいこうじ氏のように量産に成功した作家に、若月まり子氏がいます。彼女のお人形は、デパートや美術館の販売コーナーなどでも見かけることができます。愛らしい妖精の人形は、確かに幅広い層の人々に受け入れられそうです。
ロサ・アンティカでも、入荷して間もなく売れてしまう人気者です。


PA189956.jpg

同じ人形でも怖いと言われる人形と可愛いと言われる人形があるのは前々から不思議でした。
もちろん、リアルな人形やダークな表現の人形が怖いと言うのは分かります。
でも、同じ人形に対して可愛いと言う人と怖いと言う人が居たり、人形は好きだけどこれは駄目、逆に嫌いだけどこの子は大丈夫、などなかなか複雑なもののようです。
私の両親も、私の創った人形に対しては気持ち悪いなど失礼な事を言うのに、ドイツのポングラッツ人形のような素朴な人形は「可愛い」と言うのです。
入口はリカちゃんやバービー、スーパードルフィー、ブライスなど何でもいいと思うのです。そこから人形の世界に興味を持ってくれる方がいれば良いな、という思いを持ちつつ、家に集まった人形たちを眺めています。

ランキング参加中。是非クリックお願いします!現在の順位も確認できます。



にほんブログ村
10

19

22:45
Thu
2017

No.0121

愛用のティーセット

家で日常的に使用している食器は、アンティークではないのですが、一昔前のレトロなもので雰囲気があり結構気に入っています。
トリオのティーセットは鎌倉・由比ガ浜通りのアンティーク・ユーで見つけたもの。
私はティーカップとソーサーを購入したのですが、なんと親友がトリオで同じものを購入していて、後でそれを譲って下さいました。
ラスター彩のティーセットは昭和の始め頃に流行したのか、よく見かけます。ポットとシュガーポット、クリーマーのセットを持っていたのですが、ポットだけ何度か割ってしまっては似たデザインのものを買い直す、というのを繰り返していました。
今現在、ポットは欠品中です。

ワイングラスは以前もブログに書きましたが、やはり由比ガ浜通りのブルースリーで見つけました。
以前は名前の通り、格闘技のビデオとリサイクル品の食器や雑貨が並ぶカオティックなお店だったのですが、最近久しぶりに行ってみたところ、すっかり瀟洒な洋食器店になっていました。
これは6脚あったのをつい4脚しか購入せず、後になって全部購入しておけば、と後悔したものです。
ありそうでなかなか無いデザインで、1脚破損して3脚になってしまいましたが、大事に使っています。

ティースプーンとケーキフォークは、青山にあった輸入雑貨店で見つけて購入したもの。
テーブルセンターは、マチルド イン ザ ギャレットが代官山にあった頃に購入しました。
いずれもごく安価なものですが、お気に入りの食器で食事やお茶を楽しむのは何物にも替え難い楽しみです。

これ以外に、シルバープレートのティーセットも愛用しています。
また、ティーカップやコーヒーカップも何種類かを気分に応じて使用しています。
機会がありましたら、またご紹介しますね。



ランキング参加中。是非クリックお願いします!現在の順位も確認できます。



にほんブログ村