Rosa†Antica(ロサ・アンティカ) - アンティーク・レトロ雑貨店の商品紹介など

09« 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »11
10

13

01:12
Fri
2017

No.0120

青空朗読 音声図書の試み

現在、朗読が私のライフワークのようになっております。
思えば舞台表現活動を始めた一番最初の試みも、自作の詩の朗読でした。
高校の頃、江ノ島にあった小劇場「天文館」に出入りするようになったのがきっかけ、のように自分では思っておりましたが、ある日両親から、朗読のテープが送られて来たのです。
そこには弟や妹のものと一緒に、7歳の頃の私の朗読が録音されていました。
ちなみに読んでいたのは「へっこきじっさま一代記」。
なんかもうちょっとなかったのかと思いますが、子供の頃からこんなことをしてたんですね。

父が視覚障害者の為の図書館事業を行っている、ロゴス図書館の活動に関わっていたので、音訳ボランティア養成講座に参加しようかと思ったら、平日の講義を数ヶ月受けないといけないようで断念・・・。
しかし、何かしら音声図書の製作には携わりたいと思っていたところ、青空文庫の作品を朗読したものを公開している、青空朗読というサイトの存在を知りました。
私の主催している演劇ユニット、MONT★SUCHT(モントザハト)のイメージソースの一つでもあるカフカの作品から、何度か読んだ「家長の心配」「皇帝の使者」そして読むのは初めてですが比較的短い「道理の前で」と「最初の苦悩」の4作を選び、指導を受けている声優の野村道子さんにも聞いて頂き、録音して送りました。
青空朗読のスタッフの方は、とても丁寧に細かく朗読をチェックして下さり、指摘を受けた箇所の直しを経て数週間後、自分で出来に満足できなかった「最初の苦悩」を除く3作品が、無事掲載されました。

送られてくる朗読データのチェックに時間が掛かる為、次回の掲載は3ヶ月程後、とのことでしたが、私自身も忙しくてなかなか次が送れず、やっと最近1作品の録音ができました。どの作家の作品かは、お楽しみに。
それにしても青空文庫といい、沢山のボランティアスタッフの力で成り立っているこういったサイトがもたらす恩恵は計り知れないものです。
少しでも役に立てればいいな、と思いつつ、日々研鑽を重ねております。

カフカの朗読はこちら。
「皇帝の使者」
「道理の前で」
「家長の心配」

ランキング参加中。是非クリックお願いします!現在の順位も確認できます。



にほんブログ村
スポンサーサイト
08

30

02:59
Wed
2017

No.0109

クトゥルフミステリーゲーム

来月9/18(月)の喫茶茶会記での《哲学者の薔薇園》では、クトゥルフミステリーゲーム「輝くトラペゾヘドロンの謎」を開催します。
元々8月に開催予定だったものが、井上雅彦氏の『夜会 吸血鬼作品集』出版記念イベント開催に伴い延期となったのですが、テストプレイを兼ねて出版記念イベントの日には「吸血鬼ミステリーゲーム」というものを行いました。
私が朗読した井上氏の『闖入者』は、招待されていないパーティに紛れ込むのを趣味とする主人公のお話なのですが、その内容にかけて「この出版記念パーティにもとある吸血鬼が紛れ込んでいます」という名目で、謎を出したのです。
因みに吸血鬼に関する薀蓄がたっぷり詰まったこの作品、「招待されないパーティ」というのがちゃんと伏線になっています。

ゲームはまずお客様に、渡した紙片にあるクロスワードパズルを解いてもらうことから始めました。
同時に、店内のあちこちに七つのヒントを隠しました。
朗読とトークショーが終わり、回答を書いた用紙を任意で提出して頂いて答え合わせ。
ところが、完成したクロスワードパズルから一定の文字を繋ぎ合わせて、答えを見つけてもらう、という手順を忘れていてグタグダに(汗)。
それと、最後に正体を暴かれた吸血鬼が暴れまわり取り押さえられる、という感じのオチを作っていたのですが、諸事情でこの演出が出来なくなってしまったのです(涙)。
そんな中途半端な状態ではありましたが、回答を提出して下さった4名の方はほぼ正解で、1ドリンクずつをサービスさせて頂きました。

井上雅彦伯爵と深泰勉教授、伯爵夫人瓏砂(ミナ・ハーカーに見立てた方も)

32561.jpg

これが難易度が高いとの声があちこちから上がっていた、吸血鬼クロスワードパズル。
宜しければ挑戦してみて下さいませ。



来月はゲームが中心のイベントとなりますが、折角ですので豚蛇さんの「妖神乱舞」朗読も致します。
また、今回初の試みとして物販スペースを設け、クトゥルフもののグッズ販売を行います!
人気のるるい宴さんのレアなグッズをお手頃価格で入手できるチャンスかも?
出展にご興味をお持ちの方いらっしゃいましたら是非ご連絡下さいませ。

**********
《哲学者の薔薇園》
at 四谷三丁目「喫茶茶会記

クトゥルフミステリーゲーム「輝くトラペゾヘドロンの謎」

2017/9/18(月・祝)
営業時間 15:00~23:00(22:00 L/O)
チャージ500円

朗読&ミステリーゲーム
開始時間未定(18時頃?)
料金1,500円

朗読、進行:由良瓏砂

物販:龍龖龘てつ(龍が4つ)/るるい宴/しゅたいなー 他

総合芸術茶房 喫茶茶会記
〒160-0015 新宿区大京町2-4 1F
TEL 03-3351-7904

※地下鉄丸の内線「四谷三丁目」駅1番出口を出て右に向かい
ドトール、サンドラック、スーパーを過ぎた1つ目の路地に入る。
100mほど歩き、左側に骨組みのような4階建ての白い建物が現れたら
右路地に小さな看板「喫茶茶会記」が出ているので、その道へ入る。
つきあたりのマンション1階が入口です。
徒歩3分弱となります。

ランキング参加中。是非クリックお願いします!現在の順位も確認できます。



にほんブログ村
08

23

22:13
Wed
2017

No.0108

天然石のアクセサリー

銀座という一等地で一ヶ月もの間人形を展示する機会を与えて頂き、度々ギャラリーに在廊し美術愛好家のお客様とじっくりお話しすることも出来て幸せな毎日です。
先日はイギリス人男性が私の人形を観て感嘆の言葉を繰り返し、ヤン・シュワンクマイエルのような人形アニメーションを作るといい、と過ぎたお褒めの言葉まで頂きました。
今は日本に住んでいるそうですが、日本語は全く話さない方だったのに、コミュニケーションって何とかなるものですね。
相手の方が察しが良い方だったのかもしれませんが、こちらが英単語が出てこなくて言い淀んでいると「ああ、こういうことね」と言わんばかりに言い当てて下さるので助かりました。

活動をしているとやはり誘うきっかけにもなりやすいのか、展示のお話なども頂いたのですが、人形製作はどうしても時間が掛かるのが難点です。
私がアクセサリー製作をしているのも、物作りへの欲求を比較的短時間で満たすことが出来るからかも知れません。
古物の師匠で造形作家でもあるマンタムさんは、天然石をご自身の作品にも使用しているのですが、私にも天然石を使用したアクセサリ製作を勧めてくれたことがありました。
私も、市販の磨いたりカットしたりした石より自然のまま切り出してきたような原石に魅力を覚えており、何とかアクセサリに仕立てられないかなと思っていたので、在廊の空き時間なども使用して、新たなデザインを試行錯誤してみました。
良く見かけるワイヤーワークは私からするとちょっと針金が主張しすぎている感があるので、針金以外の素材も使用して天然石を包む方法を考えてみています。
完成した作品はminneにて販売しております。
こちらをご覧頂ければ幸いです。



ランキング参加中。是非クリックお願いします!現在の順位も確認できます。



にほんブログ村
08

14

20:34
Mon
2017

No.0106

井上雅彦『夜会 吸血鬼作品集』出版記念イベント

月一回、第三月曜日に開催の、四谷喫茶茶会記での《哲学者の薔薇園》。
次回8/21は、友人である作家の井上雅彦氏の吸血鬼短編集出版記念イベントを開催することとなりました!
夏の一夜、少しだけ涼しくなるひとときをお過ごし下さいませ。

**********
《哲学者の薔薇園》
at 四谷三丁目「喫茶茶会記」

井上雅彦『夜会 吸血鬼作品集』出版記念イベント

DGMouH_UwAAXrML.jpg

2017/8/21(月)
営業時間 15:00~23:00(22:00 L/O)
チャージ500円

朗読/トークショー/ミステリーゲーム
19時開演
料金2,000円

ゲスト:井上雅彦
朗読:由良瓏砂 他
司会:深泰勉

由良瓏砂による『夜会』より2作品の朗読と、深泰氏の司会による井上伯爵のトーク。
ミステリーゲームは、会場内にちりばめられたヒントを手がかりに、会場に紛れ込んだ吸血鬼を探せ、というものです。
イベントタイム以外のご入場時は、チャージ500円+オーダーとなります。

厳選された珈琲、薔薇の紅茶やハーブティー、フレッシュジュースとハーブティーを組み合わせた「睡蓮-スイレン-」などの
ソフトドリンクから、薔薇園オリジナルカクテル「ローザミスティカ」「ロサリウム」、そして吸血鬼イベントに相応しいスパイシーな「ドラキュラズブラッド」等、こだわりのリキュール類などのメニューをお楽しみ下さい。
もちろん、特製フードメニューもご用意致します。

DGMouz8UQAAlv2Z.jpg

総合芸術茶房 喫茶茶会記
〒160-0015 新宿区大京町2-4 1F
TEL 03-3351-7904

※地下鉄丸の内線「四谷三丁目」駅1番出口を出て右に向かい
ドトール、サンドラック、スーパーを過ぎた1つ目の路地に入る。
100mほど歩き、左側に骨組みのような4階建ての白い建物が現れたら
右路地に小さな看板「喫茶茶会記」が出ているので、その道へ入る。
つきあたりのマンション1階が入口です。
徒歩3分弱となります。

ランキング参加中。是非クリックお願いします!現在の順位も確認できます。



にほんブログ村
07

29

19:50
Sat
2017

No.0103

フランシーヌの小部屋

友人のピアニスト、渋谷奈保子さんが、銀座に新しく出来たギャラリー、ミ・アモーレGalleryのキュレーションを始めたとのことで、お誘いを頂き、久しぶりに人形メインの展示をすることになりました。
ミ・アモーレGalleryは東京銀座の美術ビル 奥野ビル513号室。お隣のアモーレ銀座ギャラリーの姉妹ギャラリーです。
昭和レトロな建物の中 扉を開くと其処は蒐集家達のサロン。シュールな世界に特化した秘密の小部屋の様なところ。
閉じられた扉をノックして入り、作品を堪能出来るよう一組ずつの御案内。壁は布張り、ロココ風の椅子にシャンデリア、床にはペルシャ絨毯で、座って近くで作品を見て頂く。などと従来のギャラリーとは一味も二味も違ったギャラリー。
私は少女人形5、6体と、人形用のアクセサリーなどを展示させて頂きます。
是非、遊びにいらして下さいね。

**********
フランシーヌの小部屋
8/3(thu)-9/2(sat)

かの合理主義哲学者デカルトが、肌身離さず持ち歩いたという、曰くの少女人形フランシーヌ。
「ヒトガタ ヲ 生カスノハ 誰??」


DF5T1a5VoAAx_A6.jpg

人形:由良瓏砂/美澄 平面:成田朱希etc

銀座ミ・アモーレギャラリー
〒104-0061 東京都中央区銀座1-9-8 奥野ビル513
12:00~18:00
(水曜日休廊/金曜日20:00まで)
miamore@art-belladonna.jp
https://www.art-belladonna.jp/miamoregallery

ランキング参加中。是非クリックお願いします!現在の順位も確認できます。



にほんブログ村