FC2ブログ

Rosa†Antica(ロサ・アンティカ) - アンティーク・レトロ雑貨店店主、女優、人形作家、由良瓏砂のブログ

10« 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »12
09

28

23:15
Fri
2018

No.0194

軽井沢の旅・後編 スカラ座、軽井沢現代美術館

何度か起きようと思いつつ、結局10時間以上ぐっすり寝てしまった私。
やっと目覚めたのは7時頃。

RIMG0061.jpg

家から持ってきた珈琲を淹れて飲んでから、東急ハーヴェストクラブの浴場に行ってみました。
浴場からは、地下のプールにも降りられるようになっています。
夏に一度も海やプールに行けなかったので、ここで入ってやろうと持ってきた水着を着て降りてゆくと、プールには誰もいません。気持ちいい!

20180921軽井沢_180926_0014

泳ぐのなんて何年ぶりか分からないくらいです。最初は顔を水に付けるのも躊躇われましたが、そのうち手足を適当にバタバタさせて何とか進めるようになりました。
小学校の頃、夏にスイミングスクールに通わされました。10段階程あるクラスはカニ、タコ、クラゲ、タツノオトシゴ・・・と海の生き物の名前がついていて、一番上のクラスがイルカ。
でも私は、クラゲまでしか進めませんでした。
背浮きのテストの時、まだゴールに着かないのかな、と思いながら目の前の水面がユラユラしてゆくのを見ていたら、頭がコツンと何かにぶつかりました。
何と、プールの底まで沈んでしまったのです。
そんな、泳ぎが下手とかいう以前のレベルですので、バタバタやるのにもすぐに疲れてしまい、お風呂に入ることにしました。
幾つかある浴槽のうち、温泉は岩風呂だけとのことでしたが、露天風呂にサウナにと色々楽しめました。
部屋に戻ると、既に相方は支度を終えています。
急いで準備し、掃除をして部屋を出ました。

RIMG0065.jpg



軽井沢では、キノコを良く見掛けます。
ホテルから駅までの道にも、コップのように雨水を溜めたキノコや、小さな卵のようなキノコが生えていて、それらを写真に納めたりしながら歩きました。

RIMG0066.jpg

矢ヶ崎公園の広い池には蓮が浮かんでいて、遠くの山並みの景観も楽しめました。
駅でしなの鉄道の時刻表を見ると、1時間に1、2本しかないようです。
仕方なくお土産物屋さんなどで40分くらい時間を潰し、列車に乗って隣の中軽井沢へ。

この日まず向かったのは、中軽井沢駅前の「新宿 スカラ座」という喫茶店。
かつて歌舞伎町にあった店舗が移転していると知り、行ってみなくては、と思ったのです。
こじんまりしたそのお店では、上品で人懐っこいマダムが色々お話をして下さり、お嬢さんの写真を見せて下さったり、私たちの写真を撮ったりして下さいました。

RIMG0077.jpg

ここの珈琲とトーストの美味しさからも、この辺りの水の美味しさが改めて実感できました。

RIMG0081.jpg

お店のレポートを、私がライターをしている「レトロ喫茶東京」というブログに番外編として書きましたので、宜しければ是非読んでみて下さい。

次の目的地は、中軽井沢と軽井沢の中間にある、軽井沢現代美術館
スカラ座を出て、中山道を歩き始めました。
天気も良く、初秋らしい高原の風を感じながら歩くのは気持ちよかったです。
やがて歴史民俗資料館が現れ、このすぐ隣のはずだけど・・・と思いながら標識を探すと、思ったより道を登っていったところに四角い門が現れました。

RIMG0083.jpg

まだ新しいのか、とても綺麗な美術館です。
まずは2階から回ることにしました。中央のフロアは村上隆のひまわりを中心とした作品。他に南桂子の鳥と少女のエッチング作品群、浜口陽三「22のさくらんぼ」の連作の飾られた小部屋が。
1階は半分が荒川修作のドローイング。記号やタイポグラフィを駆使したドローイングは、現代のグラフィックデザインやアニメーションの表現と通じるものがありました。

20180921軽井沢_180926_0004

もう半分は「海を渡った画家たち」という特集で、新旧の作家の作品が入り混じっています。
名和晃平の作品が置かれた暗い空間や、ロッカクアヤコのドローイングの製作過程を映した映像など、興味深く観られました。
ここの入館料はお茶・お菓子つきだったので、一通り回ってからマリアージュの紅茶を頂きながらくつろぎました。

現代美術館を出て、近くにあるフレンチアンティークのお店に寄ったり、チョコレートファクトリーでお土産を買ったりしながら、そのまま軽井沢方面へ歩きました。
途中にあるホテル、ロンギングハウスを一目見たかったのですが、相方がかなり疲れていたので寄らずにそのまま歩くことに。
子供の頃、前を通って憧れていたロンギングハウスは、建物の美しさもさることながら、ホスピタリティが最高で、一度宿泊しただけなのにそれからずっとメールマガジンや丁寧に手描きされたDMを送ってきて下さるのです。
東京にも「野菜がおいしいダイニング」を3軒出店しています。本当に美味しいのでお勧めです。

軽井沢駅に着いたのは、バスの出発時間の2時間程前。

RIMG0073.jpg
駅前の街路樹のヤマボウシ。

折角なので旧軽井沢でも歩きたかったのですが、相方がギブアップというので、駅の待合室で休むことにしました。
でも大分時間があるので、私は今まで一度も行ったことのない、軽井沢プリンスのアウトレットモールなど覗いてみました。
こちらには結構人もいて、ワインや地元のフードフェアなどもやっていたのですが、あまり見たいところもなかったので、待合室で本を読んだり珈琲牛乳と峠の釜飯おにぎりを買って食べたりしているうちにバスの時間に。
駅からの美しい夕日を見納めに、軽井沢の町を後にしたのでした。

20180921軽井沢_180926_0057



ランキング参加中。是非クリックお願いします!現在の順位も確認できます。



にほんブログ村
スポンサーサイト
09

25

23:16
Tue
2018

No.0193

軽井沢の旅・前編 白糸の滝、碓氷峠、万平ホテル

先日の記事に書いた通り(→こちら)、21日、軽井沢へ一泊旅行に行ってきました。
当日は朝早くに新宿から高速バスで出発予定でしたが、なんと、ゴミ出しに手間取り電車を1本乗り遅れるという失態。
早朝なので電車の本数も少なく、次の電車に乗ってターミナルまで走りましたが、丁度出発してしまった後でした。
すぐにカウンターで次発を訊ねると、親切にも別会社のバスを調べて下さり、45分くらい後に渋谷発のバスがあると教えて下さいました。
Uターンして渋谷へ向かい、売り場で確認すると運良く空席もあり、何とかバスに乗り込むことができました。

今回は相方が私の希望を元にプランを組んでくれ、一日目は車での移動、二日目は主に中軽井沢付近を回る予定にしていました。
初日は生憎の雨でしたので、車での移動で正解だったと思います。



しかし、久しぶりの運転がいきなり雨の峠。相方は最初はかなり慎重に、時速30km程で運転していました。
最初の目的地は、白糸の滝。
私は何度か行ったことがあるのですが、滝好きの相方に見せてあげたいと思ったのです。
最初は「竜返の滝」にも行こうと思ったらしいですが、そちらは熊が出るのでやめたのだとか。
久しぶりに見る白糸の滝は、こんなにこじんまりしてたっけ、という印象。

RIMG0015c.jpg

結構雨が降っていたせいか、観光客もそんなに多くはなく、しばらく滝を眺めてから、高速シャッターで滝の写真を撮ってみたりとゆっくり楽しめました。

RIMG0019c.jpg
リコーGXR シャッター速度1/1600、絞りF3.6、ISO3200

来た道を戻り、ハルニレテラスで昼食を摂ることにしました。
チェックしていたお店は、ベーカリー&レストラン沢村
晴れていたら随分気持ち良いだろうな、というテラスは雨でも結構観光客が来ていて、席が空くまで少しばかり待たされました。
フェンネルを効かせたムール貝のパスタもサーモンフライバーガーも大変美味しかったのですが、何よりパンの美味しさに感動!
取り分け、全粒粉のパンが絶品でした。

RIMG0029.jpg

RIMG0027c.jpg

軽井沢で好きなパン屋さんは浅野屋だったのですが、パン屋さんが沢山あるということは、きっと水が美味しいのですね。

食事を終えて、すぐ近くの石の教会・内村鑑三記念堂へ。
ところが入口のところに係員がいて、今日は見学時間が終了していると言うではありませんか。
土日の日中が見学不可と調べていたようですが、金曜も不可だったようです。
仕方なく、同じ敷地内のホテル、ブレストンコートの中に入って少し休憩しました。
ブレストンコートもとても洒落た空間で、至るところにある、同系色にまとめられたフラワーアレンジが見事でした。

RIMG0036.jpg

そして今度は碓氷第三橋梁、通称めがね橋へ向かいました。
ここを観に行くのは、もしかしたら初めてだったかも知れません。
碓氷峠を過ぎ、くねくねと曲がりくねった山道をひたすら走ります。
途中幾つかの橋を車から見掛け、近くまで行ったらもっと迫力あるのかな?と思っていましたが、いざめがね橋に辿り着くと、それまでとは全く異なるスケールにただただ見上げるばかり。
でも雨が強かったので、車の中から見るに留めておきました。

RIMG0047.jpg

今度行ったら橋の上を歩いてみたいです。

そして旧軽井沢に戻り、万平ホテルへ。大好きなクラシックホテルです。

RIMG0048.jpg

今回は旧軽井沢銀座など、軽井沢らしい場所はプランに入っていないのですが、ここだけは行きたかったのです。
伝統のアップルパイは売切れとのことでしたので、マロンのロールケーキとコーヒー、相方はロイヤルミルクティーをオーダーし、カフェテラスでしばらくお茶を頂きながらの読書を楽しみました。

RIMG0053.jpg

ちなみに、先日の記事でヘッセの「ガラス玉演戯」を持っていく、と書きましたが、分かってはいたのですが2冊組だとやはり読み終わるまでに時間が掛かりすぎるかも、と考えた挙句、高橋和巳の「我が心は石にあらず」に変更。
あまり読み進められませんでしたが・・・。

駅に戻って車を返し、駅から矢ヶ崎公園を通り過ぎ、宿泊施設の東急リゾートヴィラへ。
2LDKのとても綺麗なマンションで設備も整っており、1000円プラスリネン代だけで泊まれるなんて嘘みたいです。
隣接の東急ハーヴェストクラブの温泉やプールも使用できるというので楽しみにしていたのですが、思ったより疲れていたのか、この日は早々に眠ってしまいました。

ランキング参加中。是非クリックお願いします!現在の順位も確認できます。



にほんブログ村
09

05

00:06
Wed
2018

No.0189

旅先で読む本

遅い夏休みとして、今月半ばに軽井沢に一泊旅行に行く予定です。
軽井沢は、子供の頃から何度も行ったことがある土地です。
それを何故また敢えて行くのかというと、アルバイト先の保養施設があり、1泊1000円で泊まれるというのです。
短い日程ですし大してのんびりできるとも思えませんが、できれば万平ホテルのラウンジあたりでゆっくり本を開きたい。
そう思い、何を持っていこうかと考え始めました。

先日の舞台では、作中に沢山のイヤミス、つまり後味の悪いミステリのタイトルが登場しました。
できれば稽古中に読みたかったのですがなかなかそんな時間も取れず、舞台が終わった今になって、真梨幸子や新堂冬樹、誉田哲也などを取り寄せています。
しかし考えてみれば、何も爽やかな高原のテラスやクラシックホテルのラウンジで、嫌な気分になることもないではないですか。
同じミステリなら軽井沢らしく内田康夫と行きたいところですが、生憎手元にありません。

軽井沢といえば横溝正史の「仮面舞踏会」が有名ですが、私は「呪いの塔」に登場する立体迷路「バベルの塔」にとても惹かれたものです。
バベルの塔が実在したら、絶対に行っていたと思います。
今回はまだ未訪の軽井沢現代美術館に行こうと思っているのですが、展示は何をやっているのかとサイトを見てみると、運のいいことに荒川修作展を開催中です。
荒川修作とマドリン・ギンズの「養老天命反転地」も、何年も前から行きたいと思いながら行けていない場所ですが、横溝描く「バベルの塔」にどことなく通じる部分があるかも知れません。

話が逸れました。
岸田國士の「浅間山」「泉」なども、軽井沢が舞台の作品として印象に残っています。
ただ、岸田國士にしても堀辰雄にしても、今は青空文庫で読めてしまうのですよね。
わざわざ持っていくのであればもっと普段目にする機会の少ないもの・・・でも哲学書などだと気楽に読むには敷居が高いし、もうちょっと平易なもの・・・と考えていて、大好きな作家であるヘルマン・ヘッセに思い至りました。
ヘッセでまだ未読の作品が家にあったはず。「ガラス玉演戯」などどうだろう。
考えれば考える程、名案のような気がしてきました。
そういえばガラス玉演戯ってお店なかったかしら、と調べてみたら、ありました。
昔国立に「ガラス玉遊戯」という喫茶店があったのですが、それが改名して「FLOWERS 」になり、更に現在「名曲喫茶 月草」になっているとのこと。
それを知り驚きました。「名曲喫茶 月草」は、以前から私が愛好している国立にあるブランド「SERAPHIM」のデザイナー中元さんのお勧めのお店だったからです。

つい先日、お友達の創作ユニット「ガラスの小鳥社」の活動16年目を記念した展示がSERAPHIMさんであり、残念ながら展示には間に合わなかったのですが、記念パーティにお邪魔してきました。
パーティで中元さんとお話し、近々SERAPHIMさんにも久しぶりにお邪魔したい、「レトロ喫茶東京」の取材も兼ねて月草さんにも伺いたいと思っていたのです。
こうやってどんどん興味のあるものごとが繋がっていくのは、とても面白いなと思います。
SERAPHIMさんやガラスの小鳥社さんとの思い出も、沢山あります。いずれお話できる機会があればと思います。
軽井沢では何と出会えるのでしょう。今から楽しみです。


「ガラスの小鳥社 波打際」展記念パーティのお土産と、ビンゴの景品。
特製CDは永井幽蘭嬢によるもの。(ビンゴの景品の王冠ブローチも)





ランキング参加中。是非クリックお願いします!現在の順位も確認できます。



にほんブログ村
07

12

02:57
Thu
2018

No.0178

箱根遠足・後編 星の王子さまミュージアム

ドールハウス美術館を出て、いよいよ星の王子さまミュージアムへ。
着いた時にはもう16時半近くなっていました。
入口で集合写真を撮影。



皆さん星の王子さまと薔薇に因んで、青と赤を効かせたコーディネートでいらして下さってたようです。
赤薔薇背景ならベージュかな、と思って衣装を選んだのですが、私も青にすれば良かったな・・・。
アジサイの小径を通り抜け、ローズガーデンへ。

RIMG0067b.jpg

星の王子さまに登場する赤薔薇に因んだローズフェア、とのことでしたが、時期的に大分減ってしまっていたかもしれません。
フランスの田舎町の教会前広場のような雰囲気のここでしばし撮影。

RIMG0073b.jpg
女王様とアリスのようなちょびすけさん(左)と水鏡さん(右)

RIMG0078b.jpg
こちらはうさぎと帽子屋?トーヤマルさん(左)と小松さん(右)

王さま通りと名付けられた建物の横を通り、展示ホール入口へ。

RIMG0083b.jpg
向かってくる一同。お気に入りの一枚。

RIMG0108b.jpg
フランスによくある石造りのアパルトマンが立ち並ぶ、素敵な雰囲気の場所でした。

ヨーロッパ風のインテリアならこちらをどうぞ↓



写真を撮っていたら、閉館時間間際の為スタッフの方に急かされたので、とりあえず建物内へ。

まずは映像ホールで、サン=テグジュペリや「星の王子さま」についての紹介映像を鑑賞します。
そしてサン=テグジュペリの生涯を追う形で、写真とジオラマで構成された展示室を見てゆきました。
テグジュペリの作品は「星の王子さま」しか読んだことがないのですが、彼の生き様を知り、他の作品もいずれ読んでみたいと思わされました。

閉館時間になったので建物を出て、お酒が飲めるメンバーはワインの試飲を、それ以外の人は撮影の続きを。

RIMG0089b.jpg
花屋のウインドウ前で。

RIMG0095b.jpg
食料品店のウインドウ前で。ポテトさん(左)とありしあさん(右)

RIMG0103b.jpg
ワインを味わう柴田さん。

RIMG0106b.jpg
サン=テグジュペリ教会をバックに、相方と。撮影:小松さん。

最後に駆け込んだお土産物屋さんで、「ゾウを吞みこんだウワバミ」のぬいぐるみを見つけるや否や、レジに持っていった相方がおかしかったです。

ミュージアムを出て、小田原のロイヤルホストで夕食をとることにし、ずっと同じメンバーというのも何なのでグーパーでグループ替えをし、車に乗り込みました。
お店でそれぞれの車ごとに精算をし、無事帰路につきました。
運転手の小松さん水鏡さん、本当にお疲れ様でした!途中結構寝てしまってごめんなさい!!
また箱根へも、他の場所へも遠足を企画したいと思っております。

カメラはリコーGXR(集合写真除く)
調整はトーンカーブで明度、色調、コントラストを多少いじったくらいです。
万年初心者です。ご容赦の程を。

売りたいカメラがあればこちらへ↓



ランキング参加中。是非クリックお願いします!現在の順位も確認できます。



にほんブログ村
07

10

23:16
Tue
2018

No.0177

箱根遠足・前編 ドールハウス美術館

《哲学者の薔薇園》の営業中、サロン・ド・シャルーンのオーナー小松さんや常連のお客様たちと、よく「箱根 宮ノ下富士屋ホテルのラウンジでお茶をしたいですね」という話をしていました。
私の好きなガラスの森美術館(→こちら参照)や、まだ行ったことのないマイセン美術館なども行きたいと思っていました。
ところが宮ノ下の富士屋ホテルが、改装の為2020年まで休業ということになってしまったのです。
早く行けばよかった、と残念に思いながらも、どこかに遠出をしたいという気持ちは変わらず持ち続けていました。
新宿御苑の薔薇撮影会があまり時間が無く、もう少し撮りたかったと思っていたところ、小松さんが「星の王子さまミュージアムのローズフェア」というお誂え向きのイベントの情報を持ってきて下さいました。
ガラスの森の近くではありながら、星の王子さまミュージアムへはまだ行ったことがありません。
更に、箱根に新しく出来たドールハウス美術館があるというではありませんか。
そんなことで、箱根行きの計画が具体的に動き始めました。

参加人数10名程の見込みでしたので、車2台分に分乗することにして、集合場所をそれぞれ運転手に都合の良い、海老名駅前と田端駅前にし、待ち合わせを芦ノ湖畔の山のホテル別館「サロン・ド・テ ロザージュ」に決めました。
小松さんの車で出発した海老名組は、予定通りお昼頃にはロザージュに到着。



ところが水鏡さんの田端組は、渋滞にはまったりして大分遅れているとの連絡が。
仕方なく待ち合わせを星の王子さまミュージアムに変更することにし、我々はお昼を頂きました。

DSC02565-1.jpg

セットドリンクの紅茶がポットサービスで3杯分程もあったので、のんびりお茶しながらくつろいでいるうちに、田端組も追いついて来たので、ドールハウス美術館で落ち合うことに変更。

RIMG0016b.jpg

ドールハウス美術館は温室のような建物で、後で知ったのですが元フラワーセンターだったそうです。
やっと合流できた田端組と共に入館。
のっけから圧倒されたのは18世紀後半に作られた「ハスケルハウス」。
イギリス貴族のアーノルド・ハスケル卿が、ヴィヴィアン・グリーン・コレクションの為に供与したとのことで、内装は1920年代半ばのものだそうですが、3階建てのマンションに詰まった家具調度品は素晴らしいものでした。

RIMG0018b.jpg

この美術館に収められたもう一つのコレクションが、モッツ・コレクション。
モッツ夫妻によるコレクションは集められたものだけでなく、モッツ家のメンバーにより制作されたものを多く含むそうで、精巧なドールハウスの家具や小物たちはいつまででも見飽きないものでした。

RIMG0044b.jpg
モッツ夫妻が最初に住んだ、アイオワ州の家「デモイン・バンガロー」

RIMG0048b.jpg
RIMG0049b.jpg
モッツ夫妻の店「モッツ雑貨店」。圧巻!

RIMG0051b.jpg
メトロポリタン・ミュージアムをもじった「モトロポリタン・ミュージアム」

RIMG0055b.jpg
テーマごとに仕切られた展示ブースも。こちらはベビー・ルーム。
(続く)



ランキング参加中。是非クリックお願いします!現在の順位も確認できます。



にほんブログ村