Rosa†Antica(ロサ・アンティカ) - アンティーク・レトロ雑貨店の商品紹介など

09« 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »11
11

24

02:11
Thu
2016

No.050

TARUHO閉店

以前にも度々記事に登場させて頂いた(→こちら)、私たちが金土にスタッフを担当している武蔵小山TARUHOですが、1年と1ヶ月を迎える今月で、閉店することとなりました。



思えば昨年8月にお店を始めることが決まり、それからあっという間にオープン。
ただ、訳有り物件の為いつ終了するかも分からない状態で、トラブルも色々とありつつも何とか続けてきて、よく1年持ったものだと思います。
移転に向けて動いてはいたものの、現状まだTARUHOとしての移転は決まっておりません。
月~水に営業していた「月光密造舎」、日に営業していた「化学実験酒場」はそれぞれ別の場所での継続が決まっておりまして、私たち「哲学者の薔薇園」も月1、2回の開催や、イベント営業のお話がありますが、できれば文学や芸術の愛好者たちのサロンとして、TARUHOをどこかで続けていきたいと、場所を探しているところです。

3725.jpg

26日は「哲学者の薔薇園」のクロージングパーティ。営業時間18‐23時、チャージ500円と、通常営業と変わりません。
今回はラストということで、フードメニューにはTARUHOのプロデューサーでもある骨董屋・美術家マンタム氏のカレー、漫画家 森園みるく氏の梅酒&梅ソーダ、漫画家 榎本由美氏の目玉ゼリー、造形作家 太田翔氏の干し肉、そして哲学者の薔薇園ではお客様のリクエストを受けて鰐串と、猪肉のグラーシュ(チェコのシチュー)をご用意します。
TARUHOのあるコレクションハウスビルも、来年になったらどうも取り壊しになりそうな気配です。
どうぞ最後の機会に是非ご来店下さいませ。

ランキング参加中。是非クリックお願いします!現在の順位も確認できます。



にほんブログ村
スポンサーサイト

Post

Name:

Url:

Pass:




管理者にだけ表示