Rosa†Antica(ロサ・アンティカ) - アンティーク・レトロ雑貨店の商品紹介など

10« 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »12
06

23

01:42
Fri
2017

No.096

ハフリーヌ 盃コレクション

古物の師匠、マンタムさんのお店では、茶道具や焼き物も多く扱っています。
日本で古道具屋をやるなら焼き物は覚えた方がいい、と言うのが、マンタムさんのいつもの弁です。
4月にハフリーヌさんのところで見せて頂いたコレクション、覚書を兼ねて記してみます。

拝見したのは京焼の盃のコレクション。初代三浦竹泉、三代竹泉、滝口加全、永楽即全、四代清水六兵衛の作品です。
最初に入手したのは初代三浦竹泉の、染付の盃だそう。
明治期に活躍した初代竹泉は嘉永6年生まれ。進取の気鋭に富んだ人物だったそうで、染付、祥瑞、吹墨、色絵、金襴手などを得意としました。
この盃は、瑠璃のような青が慎ましやかな印象です。



初代の末子である三代竹泉は明治33年生まれ、大正10年に襲名しました。
松竹梅の色絵が楚々とした風情。

C9wwlgfUIAAjCHM.jpg

滝口加全は明治5年、加賀に生まれ、京都で十二代善五郎=永楽和全に師事。仁清、乾山や交趾写しを得意としました。
こちらは白磁に鳳凰の浮き彫り、朱塗りに金襴手で、まるでラーメンの丼のようなデザインですが割と好きです(笑)。

C9wwm2GVwAI3h8b.jpg

永楽即全は善五郎の十六代で大正6年生まれ。金襴手、仁清、交趾、祥瑞写しや染付など、伝統的な技術を再現しました。
交趾焼の高盃には、キウイのような図案化された鳥の模様が入っていて可愛らしいです。

C9wwoNAV0AAjg8k.jpg

四代清水六兵衛は嘉永元年の生まれ。三代六兵衛の長男で、文人肌で洒脱な人物だったようです。
この高盃のモダンな五色の桜花の図案は、まるでオリンピックのエンブレムのようだと思いました。

C9wxEsDU0AEpRGK.jpg

撮らせて頂いた写真をマンタムさんに見せたら、裏印を写さないといけないし柄も分からないので逆さにして撮らないと、との指摘。
もっともです。今度はちゃんと撮ります。
ハフリーヌ様有難うございました!

ランキング参加中。是非クリックお願いします!現在の順位も確認できます。



にほんブログ村
スポンサーサイト

Post

Name:

Url:

Pass:




管理者にだけ表示