Rosa†Antica(ロサ・アンティカ) - アンティーク・レトロ雑貨店の商品紹介など

03« 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 »05
10

19

22:45
Thu
2017

No.0121

愛用のティーセット

家で日常的に使用している食器は、アンティークではないのですが、一昔前のレトロなもので雰囲気があり結構気に入っています。
トリオのティーセットは鎌倉・由比ガ浜通りのアンティーク・ユーで見つけたもの。
私はティーカップとソーサーを購入したのですが、なんと親友がトリオで同じものを購入していて、後でそれを譲って下さいました。
ラスター彩のティーセットは昭和の始め頃に流行したのか、よく見かけます。ポットとシュガーポット、クリーマーのセットを持っていたのですが、ポットだけ何度か割ってしまっては似たデザインのものを買い直す、というのを繰り返していました。
今現在、ポットは欠品中です。

ワイングラスは以前もブログに書きましたが、やはり由比ガ浜通りのブルースリーで見つけました。
以前は名前の通り、格闘技のビデオとリサイクル品の食器や雑貨が並ぶカオティックなお店だったのですが、最近久しぶりに行ってみたところ、すっかり瀟洒な洋食器店になっていました。
これは6脚あったのをつい4脚しか購入せず、後になって全部購入しておけば、と後悔したものです。
ありそうでなかなか無いデザインで、1脚破損して3脚になってしまいましたが、大事に使っています。

ティースプーンとケーキフォークは、青山にあった輸入雑貨店で見つけて購入したもの。
テーブルセンターは、マチルド イン ザ ギャレットが代官山にあった頃に購入しました。
いずれもごく安価なものですが、お気に入りの食器で食事やお茶を楽しむのは何物にも替え難い楽しみです。

これ以外に、シルバープレートのティーセットも愛用しています。
また、ティーカップやコーヒーカップも何種類かを気分に応じて使用しています。
機会がありましたら、またご紹介しますね。



ランキング参加中。是非クリックお願いします!現在の順位も確認できます。



にほんブログ村
09

26

02:01
Tue
2017

No.0116

ベルギー奇想の系譜展

展示などに行こう行こうと思いながら行けない時も多いですが、最終日に駆け込みで行くというのも多い私。
アルチンボルド展の方は根拠はないものの、アルチンボルド以外はあまり見るべきものはないんじゃないかとそこまでの熱意はなかったのですが、ベルギー奇想の系譜展には何とか行こうと思っていました。
23、24日は《哲学者の薔薇園》と『ヒナコルメル處女美術館』のコラボイベント「乙女幽霊館」というホラーカフェバーの開催日だったのですが、イベントは夕方からの為、24日の最終日に頑張って(私にしては)早起き。
初台教会のミサに行き、富ヶ谷のコーヒーショップFuglen Tokyoにパンを持ち込んでランチしてから、東急文化村に向かいました。

入り口のギャラリーでは何をやっているかしら、と覗いたら、ちょうどこの間記事にもした(→こちら)、万華鏡の大々的な展示即売会。こちらも最終日です。
大勢の人で混み合う会場を駆け足で覗いてみましたが、外形も中身も独創的なデザインばかりで、目移りするばかりでした。

DKd8BcTV4AAycuU.jpg

DKd8GqtUIAEuMqW.jpg

まずは目的のミュージアムへ!と後ろ髪を引かれつつ地階へ。
入った途端、ずらりと並ぶ「聖アントニウスの誘惑」!
この画題は子供の頃、ダリとエルンストの絵で見て以来もの凄く好きで、常日頃もし世界の絵画を思いのままにキュレーションできるなら「バベル」展と「聖アントニウスの誘惑」展をやるのになあ、と夢想しているくらいなのです。
私の好きなピーテル・ハイスの「誘惑」もありました。ここにはなかったけどダフィット・テニールスのも好き。
そして知らなかった新事実(私だけか?)。幼児キリストを背負って川を渡る聖クリストフォロスの周りには、怪物が描かれる慣習があったのですね。何で聖クリストフォロスが聖アントニウスと混合されるんだ?って不思議に思ってしまいました。
それにしても最近、ボスやブリューゲルが何かと取り上げられるような気がするのは気のせいでしょうか?
最初の北方ルネサンス、ネーデルランド派のエリアの次は、ベルギー象徴派と表現主義のエリア。この辺からわりと空いてきたような気がします。
悪魔主義的といった雰囲気が漂うロップスやクノップフの絵は嫌いではないものの個人の内面に焦点が当たっている感じで、ルネサンスの頃にある俯瞰した視点が欠けているように思えます。アンソールも違う意味で個と向き合った画家ですね。
ヌンクの「黒鳥」と「運河」を見て、以前彼の作品のポストカードを購入したことを思い出しました。どこかの広場に集う黒衣の人物の絵だったと思います。作風は異なるものの、フリードリヒなど暗鬱な色調で描かれた、人の姿の見えない、もしくは風景に溶け込んでいるような作品にはどうにも惹き付けられます。
そしてシュルレアリスムから現代までのフロア。
マグリットも中には好きな絵もありますが、広告のデザインみたいであまり魅力を感じません。
しかしデルボーの神話的魅力といったら!電線や汽車といった現代の風物が、神殿などと共存していても全く違和感を感じないところも良いです。
木村龍さんの「いおぎい国」と、デルボーの絵画世界には共通のものを感じるのです。
最後にもう一度、ボスの追随者たちの「聖アントニウスの誘惑」を見ようとフロアを逆走したところ、入口付近に人がぎっしり!
最初の方が混み合うのは当然ですが、やっぱり人気があるのもボスやブリューゲルの辺りの画家なのかな、という印象でした。

帰りにもう一度万華鏡展寄ろうかな、とギャラリーを眺めると、なんとこちらは入口に行列が出来ているではありませんか。
うちの在庫もあやかって売れるといいな、などと思いつつ、文化村を後にしたのでした。

ランキング参加中。是非クリックお願いします!現在の順位も確認できます。



にほんブログ村
09

20

00:58
Wed
2017

No.0114

何が売れるのか?

古物商に限らず、物販に携わる人の間で「何が売れるのか?」というのは永遠の課題ではないかと思います。
世の中にはマーケティングに関する情報が溢れかえっています。
何が売れるのか分かれば苦労はしませんし、誰でも成功者になれてしまいます。
が、簡単には答えが出ないことだからこそ、人々は何とかしてそれを分析したり予測したり操作したりしようとするのでしょう。

古物商に関して言えば、ある程度の経験を積めば「何が売れるのか」は大体のところは予想できます。
カメラや腕時計の山があれば、中高年の男性客の多くが足を止めますし、指輪や紙もの、レース類は女性の多くを惹き付けます。
古い洋書は男女問わず人気です。
でも、それだけではないのです。商品の中に全くそぐわないジャンルの品物がぽつんとある時、多くの場合はそれは見過ごされてしまいます。それに目を付けるのは同業者です。
例えばいつもアンティークフェアin新宿でお隣のブースになるDoilyさんの専門は、レースを中心とする手芸用品。
ブースの前は常に人だかりがしています。
レースは商品として繊細で美しく、しかも嵩張らないのが魅力的なので、私もたまに仕入れることがあります。
でも、レースはロサ・アンティカのブースの中で、上手く見せられるスペースを見つけることができないのです。
結局他の商品に埋もれてしまい、ほとんど手に取られる事もないままになってしまいます。
このアンティークレースはロサ・アンティカの在庫の中で、最古の部類に入ります。写真の日付は6年前でした。



つまり、そのジャンルの商品の豊富な在庫と商品知識がないと、人気のある品物とはいえ上手く売れないということも有り得るのです。
ジュモーの人形は人気がありますが、ジュモーといってもレプリカもありますし、ドレスやウィッグがオリジナルでなければ価値が下がります。
仕入れの際にその辺りも見極めることができなければ、仕入れ値が高いのか安いのかどうかも、いくらで販売するのが適当かも分からないでしょう。
ネットオークションなどでヨーロッパでお土産物として売っているようなビスクドールに法外な値段がついているのを見て、可笑しくなることがあります。

商品の仕入れには、大量に安く買い付ける場合と、少し割高でも一点ずつ買い付けを行う場合とがありますが、売れそうだと見積もって一点買いしても、それがなかなか売れずに残ってしまうこともあります。
気に入っているものがあまりに売れないと、自分用にしてしまうことも・・・。
この、ロイヤルチューダーの台付き皿もそんな一つです。
いつか、良いご縁がありますように・・・。

PA141053.jpg

ランキング参加中。是非クリックお願いします!現在の順位も確認できます。



にほんブログ村
06

23

01:42
Fri
2017

No.096

ハフリーヌ 盃コレクション

古物の師匠、マンタムさんのお店では、茶道具や焼き物も多く扱っています。
日本で古道具屋をやるなら焼き物は覚えた方がいい、と言うのが、マンタムさんのいつもの弁です。
4月にハフリーヌさんのところで見せて頂いたコレクション、覚書を兼ねて記してみます。

拝見したのは京焼の盃のコレクション。初代三浦竹泉、三代竹泉、滝口加全、永楽即全、四代清水六兵衛の作品です。
最初に入手したのは初代三浦竹泉の、染付の盃だそう。
明治期に活躍した初代竹泉は嘉永6年生まれ。進取の気鋭に富んだ人物だったそうで、染付、祥瑞、吹墨、色絵、金襴手などを得意としました。
この盃は、瑠璃のような青が慎ましやかな印象です。



初代の末子である三代竹泉は明治33年生まれ、大正10年に襲名しました。
松竹梅の色絵が楚々とした風情。

C9wwlgfUIAAjCHM.jpg

滝口加全は明治5年、加賀に生まれ、京都で十二代善五郎=永楽和全に師事。仁清、乾山や交趾写しを得意としました。
こちらは白磁に鳳凰の浮き彫り、朱塗りに金襴手で、まるでラーメンの丼のようなデザインですが割と好きです(笑)。

C9wwm2GVwAI3h8b.jpg

永楽即全は善五郎の十六代で大正6年生まれ。金襴手、仁清、交趾、祥瑞写しや染付など、伝統的な技術を再現しました。
交趾焼の高盃には、キウイのような図案化された鳥の模様が入っていて可愛らしいです。

C9wwoNAV0AAjg8k.jpg

四代清水六兵衛は嘉永元年の生まれ。三代六兵衛の長男で、文人肌で洒脱な人物だったようです。
この高盃のモダンな五色の桜花の図案は、まるでオリンピックのエンブレムのようだと思いました。

C9wxEsDU0AEpRGK.jpg

撮らせて頂いた写真をマンタムさんに見せたら、裏印を写さないといけないし柄も分からないので逆さにして撮らないと、との指摘。
もっともです。今度はちゃんと撮ります。
ハフリーヌ様有難うございました!

ランキング参加中。是非クリックお願いします!現在の順位も確認できます。



にほんブログ村
06

12

23:34
Mon
2017

No.094

消えゆくものたち

少し前にTwitter上で、「昭和に作られたビーズバッグは作る人がもういない。持っている人は捨てないで」とのツイートが話題になりました。
骨董市や骨董店によく行かれる方はご存知かと思いますが、着物の量の多さには比べようもないものの、ビーズバッグもかなりよく目にします。安いものですと1000円位からあります。ロサ・アンティカでも結構扱いました。
アンティークフェアin新宿では中国人の方が良く買われて行きました。
ビーズの柄は表側が全面に模様、裏側がワンポイントのみの模様、というのが多いです。
質の良いものは、口金も繊細な装飾のあるものが使われています。

雪の結晶のようでもある花柄。


バッグでなくポーチですが、一風変わった童子の柄。
P6221760.jpg

それが、そんなに貴重なものだったのか、と思いつつ、ツイートがきっかけでビーズバッグがもっと認知されればいいな、と思っていたのですが、どうもそのツイートへの反応を見ると、今作られていない云々は誤報だったようです。
昔流行したり日常的に使われていたものは数も多く、余程素材や技術が希少なものでない限り、古物的にはあまり価値のないものも多いのですが、それでも何かで取り上げられたりして一時的に価格が高騰したり品薄になったりすることはあります。しかしそれは運や偶然に頼る部分が大きいでしょう。
生活環境が昔と変わってしまい需要がなくなったもの、そういったものに新たな価値を見出し提案するというのも古物屋の使命だと思うのです。
以前に記事に書いた(→こちら)、コンテナとしてのアイロンやストーブなどもそうですし、古い荷車や糸車の車輪もジャンクガーデンのオブジェとして好まれています。また、木製の糸巻きは植木鉢の台として使われているようです。

今、古物市場で価値が下落していると言われているものに、茶道具や掛軸があります。
今時の家にお茶室があるとも思えませんから、これは無理もないことでしょう。
しかし、茶道は日本の貴重な文化です。形を変えてでも、生き延びてくれることを祈ります。

ランキング参加中。是非クリックお願いします!現在の順位も確認できます。



にほんブログ村