Rosa†Antica(ロサ・アンティカ) - アンティーク・レトロ雑貨店の商品紹介など

07« 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 »09
08

17

23:57
Thu
2017

No.0107

インペリアル・イースター・エッグ

卵モチーフの宝石箱やオルゴールに惹かれて集めているうちに存在を知ったのが、インペリアル・イースター・エッグ。
ロシア・ロマノフ王朝のアレクサンドル3世及びニコライ2世が、皇帝御用達金細工師ピーター・カール・ファベルジェに注文して作らせた、宝石などの豪華な装飾が施された美術工芸品です。
1885年から1917年の間に60個程が作られ、うち40数個の存在が確認されています。
アレクサンドル3世が皇后マリア・フョードロヴナへの結婚20周年記念の贈り物として作らせたものが最初の卵で、それ以降毎年「サプライズ」と呼ばれる仕掛けの施された様々なデザインの卵が生み出されてきました。
例えば最初の卵には、金にエナメルを施した卵を開けると黄金の卵黄が現われ、更にその中からは黄金のめんどりとダイアモンド製の冠、ルビーのペンダントが出てきたそうです。
この卵のデザイン及び仕掛けは年を追うごとに豪華さと精緻さを増してゆき、高い評価を得ました。
そしてアレクサンドル・ケルヒの注文による7つの卵の他、限られた客の為にも幾つかの卵が作られました。
土産物としてロシアでは沢山のレプリカが作られています。

インペリアル・イースター・エッグの判明しているもののリストは以下になります。

最初のめんどり (黄金の卵) 、籠のにわとり (サファイアのペンダント)、3番目の卵、馬車とキューピッド (馬車と卵を抱く天使)、小物入れ、デンマークの宮殿、アゾフの思い出、ダイヤの格子、カフカス、ルネサンス、薔薇のつぼみ、青い蛇の時計、水晶 (回転するミニチュア絵画)、12の飾り文字 (アレクサンドル3世の肖像)、戴冠式、モーブ (藤色)、すずらん、ペリカン、百合の花束の時計、パンジー、シベリア鉄道、若いおんどり、野の花の籠、ガッチナ宮殿、クローバー、皇帝の軟玉 (アレクサンドル3世の肖像)、ピョートル大帝、デンマーク王国祝祭、モスクワのクレムリン宮殿、白鳥、薔薇の格子、愛の記念 (花綱飾りのゆりかご)、アレクサンドル宮殿、孔雀、スタンダールの帆船、亡きアレクサンドル3世をしのんで、列柱の時計、馬に乗るアレクサンドル3世、15周年、月桂樹 (オレンジの樹)、ツァレーヴィチ (皇太子アレクセイ)、ナポレオン (ナポレオン皇帝)、ロマノフ王家の300年、冬、モザイク、グリセイユ、浮彫り(エカテリーナ女帝)、キリストと聖女の肖像と赤十字 、ロマノフ家の肖像と赤十字、鉄の砲弾、聖ゲオルギ勲章、カレリヤの白樺 (白樺)、星座 (未完成)

以下画像はレプリカになります。

ルネサンス



戴冠式

P7238239.jpg

すずらん

@P8108570.jpg

ナポレオン

P7238232.jpg

ロサ・アンティカで取り扱い中のエッグについては、こちらをご覧下さい。

ランキング参加中。是非クリックお願いします!現在の順位も確認できます。



にほんブログ村
スポンサーサイト
08

14

20:34
Mon
2017

No.0106

井上雅彦『夜会 吸血鬼作品集』出版記念イベント

月一回、第三月曜日に開催の、四谷喫茶茶会記での《哲学者の薔薇園》。
次回8/21は、友人である作家の井上雅彦氏の吸血鬼短編集出版記念イベントを開催することとなりました!
夏の一夜、少しだけ涼しくなるひとときをお過ごし下さいませ。

**********
《哲学者の薔薇園》
at 四谷三丁目「喫茶茶会記」

井上雅彦『夜会 吸血鬼作品集』出版記念イベント

DGMouH_UwAAXrML.jpg

2017/8/21(月)
営業時間 15:00~23:00(22:00 L/O)
チャージ500円

朗読/トークショー/ミステリーゲーム
19時開演
料金2,000円

ゲスト:井上雅彦
朗読:由良瓏砂 他
司会:深泰勉

由良瓏砂による『夜会』より2作品の朗読と、深泰氏の司会による井上伯爵のトーク。
ミステリーゲームは、会場内にちりばめられたヒントを手がかりに、会場に紛れ込んだ吸血鬼を探せ、というものです。
イベントタイム以外のご入場時は、チャージ500円+オーダーとなります。

厳選された珈琲、薔薇の紅茶やハーブティー、フレッシュジュースとハーブティーを組み合わせた「睡蓮-スイレン-」などの
ソフトドリンクから、薔薇園オリジナルカクテル「ローザミスティカ」「ロサリウム」、そして吸血鬼イベントに相応しいスパイシーな「ドラキュラズブラッド」等、こだわりのリキュール類などのメニューをお楽しみ下さい。
もちろん、特製フードメニューもご用意致します。

DGMouz8UQAAlv2Z.jpg

総合芸術茶房 喫茶茶会記
〒160-0015 新宿区大京町2-4 1F
TEL 03-3351-7904

※地下鉄丸の内線「四谷三丁目」駅1番出口を出て右に向かい
ドトール、サンドラック、スーパーを過ぎた1つ目の路地に入る。
100mほど歩き、左側に骨組みのような4階建ての白い建物が現れたら
右路地に小さな看板「喫茶茶会記」が出ているので、その道へ入る。
つきあたりのマンション1階が入口です。
徒歩3分弱となります。

ランキング参加中。是非クリックお願いします!現在の順位も確認できます。



にほんブログ村
08

08

23:38
Tue
2017

No.0105

上野夏まつり骨董市、残り5日!

今年の夏の骨董市も、あと5日で終わり。
例年通り、幻獣神話展と重なっている為、明日9日はマンタムさん不在で、私とさちこさんというスタッフさんでお店を開けます。
私は13日の最終日も一日居ります。パンダの赤ちゃんの見物がてら、是非遊びにいらして下さい。

マンタムさんのお店では、前回書いた琳派のお茶碗のうち、夏の朝顔のお茶碗は売れてしまいましたが、冬のお茶碗が見つかったようで、新たに棚に置かれていました。
松の枝に雪の積もった、とても風雅な絵柄です。
ギターも新たに入荷していましたし、日々品揃えが変わっているので、何度来ても新たな発見があります。
アフリカやアジアの木彫や実験器具だの模型だの、マンタムさんのお店らしい怪しいものも沢山あります。
いらっしゃる際にはくれぐれも、水分補給をお忘れなく!


30889.jpg

ランキング参加中。是非クリックお願いします!現在の順位も確認できます。



にほんブログ村
08

04

00:39
Fri
2017

No.0104

琳派の茶碗

現在、上野夏まつり骨董市絶賛開催中です。
7月は15日の設営日と23日に少し出店させて頂きました。
8月は9日と最終日の13日の他、8日、10日も夕方から顔を出そうかな、と思っております。



マンタムさんのお店は今回、お茶道具が非常に充実しております。
中でも琳派のお茶碗は、四季折々の草木が描かれ、瀟洒な雰囲気です。
朝顔のお茶碗は夏用なので浅い造りになっているのだとか。
隣の薄と秋草も、とても写実的に描かれています。

DFZEfMvXcAAXMWc.jpg
DFZEhVJWsAAz1mh.jpg

琳派といえば 本阿弥光悦に俵屋宗達、なのでしょうけれど、私としては4月にMOA美術館で見た尾形光琳がまず思い浮かびます。
それにしてもあまりにも知識がなかったので調べたところ、家元制ではなく「私淑」つまり個人的傾倒によって繋がっている流派?なのだとか。
日本に、そんな自由な流派があったのですね。
私も母が茶道と華道、お琴の免状を持っていたので、学生時代お茶とお華、着付けを少しだけ教わったことがあるのですが、あまり熱心な生徒でなく、ガラス戸を開けると手水鉢のあるお茶室も、やがて私と一緒の部屋なのが窮屈になった妹に占領され、妹の部屋になってしまいました。
母も「親子だと甘えが出るので外に習いに行った方が良い」と言っていましたが、確かに、身銭を切ったものでないと身に付きにくいものなのかも知れません。
未だにお茶をちゃんと習おうという心境には至っておりませんが、知識としてはもう少し身につける必要性を感じております。

ランキング参加中。是非クリックお願いします!現在の順位も確認できます。



にほんブログ村
07

29

19:50
Sat
2017

No.0103

フランシーヌの小部屋

友人のピアニスト、渋谷奈保子さんが、銀座に新しく出来たギャラリー、ミ・アモーレGalleryのキュレーションを始めたとのことで、お誘いを頂き、久しぶりに人形メインの展示をすることになりました。
ミ・アモーレGalleryは東京銀座の美術ビル 奥野ビル513号室。お隣のアモーレ銀座ギャラリーの姉妹ギャラリーです。
昭和レトロな建物の中 扉を開くと其処は蒐集家達のサロン。シュールな世界に特化した秘密の小部屋の様なところ。
閉じられた扉をノックして入り、作品を堪能出来るよう一組ずつの御案内。壁は布張り、ロココ風の椅子にシャンデリア、床にはペルシャ絨毯で、座って近くで作品を見て頂く。などと従来のギャラリーとは一味も二味も違ったギャラリー。
私は少女人形5、6体と、人形用のアクセサリーなどを展示させて頂きます。
是非、遊びにいらして下さいね。

**********
フランシーヌの小部屋
8/3(thu)-9/2(sat)

かの合理主義哲学者デカルトが、肌身離さず持ち歩いたという、曰くの少女人形フランシーヌ。
「ヒトガタ ヲ 生カスノハ 誰??」


DF5T1a5VoAAx_A6.jpg

人形:由良瓏砂/美澄 平面:成田朱希etc

銀座ミ・アモーレギャラリー
〒104-0061 東京都中央区銀座1-9-8 奥野ビル513
12:00~18:00
(水曜日休廊/金曜日20:00まで)
miamore@art-belladonna.jp
https://www.art-belladonna.jp/miamoregallery

ランキング参加中。是非クリックお願いします!現在の順位も確認できます。



にほんブログ村